東京都板橋区成増にある英語長文に強い大学受験英語塾「武蔵ゼミナール」の公式サイトです。

オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2016年10月

2016 秋の早慶戦・応援ツアー

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_2.JPG

10月30日(日) 12:00~ 早慶2回戦(神宮球場)

早稲田大学・慶応大学を志望する塾生は神宮球場に集合!
東京6大学野球・秋季リーグ戦、いよいよ最終週の早慶戦です。
今年も、武蔵ゼミナール・大学受験英語塾では恒例の早慶戦・応援ツアーを行います。
・・・・・
ケンブリッジ大学 対 オックスフォード大学のボートレース、
ハーバード大学 対 エール大学のアメリカンフットボール、
と並んで、世界3大・学生スポーツと称される野球の早慶戦!
来る10月30日(日)の東京6大学野球・秋季リーグ戦最終週 早慶2回戦を観戦します。
・・・・・
早慶戦には、不思議な魅力があります!
去年も、早慶戦・応援ツアーに参加した塾生たちは、
満員の神宮球場での熱気溢れる 「早慶戦」 を観戦しました。
「早慶に入れたらいいなぁ~」 という漠然とした憧れから、
「絶対に早慶に入るぞ!」 という強い決意に変わり、
今まで以上に、日々の受験勉強に励むようになって
早大・慶大の合格を勝ち取りました!
今年も「早慶戦・応援ツアー」で、まず疑似体験をしましょう。
そして来年は、本物の早大生・慶大生になって早慶戦を応援しよう!
・・・・・
※早慶戦・応援ツアーは、「大学合格宝地図」の作成のための
武蔵ゼミナール・大学受験英語塾の伝統行事の一つです。

願望達成や成功哲学の本には、
「ありありとイメージせよ。すでに実現したかのようにリアルに想像し心から感謝しよう。喜ぼう!」などとあります。
しかし、多くの人は明確にイメージを描くことができません。
そこで合格宝地図を創ろうと、武蔵ゼミナール・大学受験英語塾では提唱しています。
・・・・・
そして合格宝地図を創ったら、次は「実現したらどんな感じがするか? 似た体験をして味わってみよう」と勧めています。
そのために、毎年「早慶戦・応援ツアー」を実施して、早大生・慶大生の感覚を疑似体験するのです。
合格宝地図に貼ってある写真が昨日と同じものでも、疑似体験をした後では、写真を通じて描くイメージの広がりや深さが違います。
今まで以上にワクワクした感じを全身で味わい、夢がリアルなものに感じられ、より行動的になることでしょう。
・・・・・
「早慶戦・応援ツアー」に出かけて楽しさを満喫することは生徒のやる気を間違いなく高めます。
辛いとだけ感じていた受験勉強でさえ、合格宝地図を眺めるたびに「早慶戦」の熱狂を思い出し、楽しい学生生活と直結するものに変わっていきます。

早稲田大学・慶応大学志望の生徒は、「秋の早慶戦・応援ツアー」にぜひ参加しましょう!

・・・・・
★26年の伝統と信頼と実績 武蔵ゼミナール・大学受験英語塾
  詳細はホームページへ http://www.english634.com

高2の皆さん、あと450 日でセンター試験!

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_3.JPG

偏差値10~20UP! 英語のまま読める直読直解法

今年度のセンター試験まで残り100日を切りました。
そして高2の皆さん、君たちが受ける来年度のセンター試験まで残り約450日です。

高2の皆さん、中間テストが終わったら、本格的に受験勉強を始めませんか?
・・・・・
英語の長文が苦手な生徒に朗報です!
「あ~、どうしよう・・・ 時間内に読み終わらない・・・」
英語のまま直接読めるようになる直読直解法なら、時間内に読めるようになります。
訳さずに読めるので、3倍~5倍の速度で読むことができるのです。
・・・・・
私は英語が大の苦手でした。高1の2学期には0点を取り、成績は1でした。
英語は全然できなかったのです。大学受験は無謀な挑戦でした。
・・・・・
そんな私が英語の偏差値28を72まで上げて、夢でしかなかった第1志望校・慶応大学文学部に合格! (「ビリギャル」ならぬ、元祖ビリ男です。)
その驚異の学習法が「英語のまま読める直読直解法」です。
・・・・・
毎年、英語が苦手だった多くの塾生たちも偏差値を10〜20UP! なかには、30以上UPした生徒もいます。
このように英語を得意科目にして、早・慶・上智などのあこがれの志望大学へ合格を果たしています。
・・・・・
「英語直読直解法」とは英語の長文を訳読するのではなく、英語のまま直接読んで直接理解できるようにする学習法です。
英語のまま読めるようになるので、訳読の3倍〜5倍のスピードで読めるようになります。
・・・・・
センター試験を始め入試の英語長文で時間に余裕ができます。センター試験の第6問は約600語の長さの論説文で、使える時間は15分~20分です。訳読している受験生は読むだけで約10分~12分かかるのに対し、直読直解ができる受験生は約2分~3分で読み終わります。残りの時間で解答することを考えると、直読直解ができる受験生のほうが断然有利だということが分かると思います。
・・・・・
英語のまま理解できるようになると、リスニングも楽にできるようになります。
訳読している受験生の理解するスピードは1分間に約50語~60語です。センター試験のリスニングは1分間に約100語ですから、あまりよく聞こえず、所々聞こえる単語を拾って解答しているのが現状です。
・・・・・
一方、直読直解ができる受験生は1分間に約150語~180語の速さで理解します。なかには、約250語~300語で理解できる受験生もいます。
ですから、センター試験のリスニングは楽にできるのです。英語のニュースが1分間に約160語ですから、ニュースも聞こえるようになります。
・・・・・
武蔵ゼミナールでは実際の英語のニュースを教材にしてリスニングの練習をしているので、大学入試だけでなく、グローバル化の進む社会へ出てからも役に立つのです。
・・・・・
入試の時しか役に立たない訳読法と、社会人になってからも更に役に立つ直読直解法、あなたならどちらを選びますか? これが首都圏全域から、そして講習時には全国から生徒が集まる理由なのです。
・・・・・
只今、今年度の後期授業の申込を受付けています。(※高1生も受付中)
時間割等は、HPの「コース内容」の欄を参照してください。
・・・・・
①面接の日時をネット予約してください。
②面接で詳しく授業の説明をした後で、授業体験のスケジュールを組みます。
③授業体験の後、入塾の申込を受け付けます。
・・・・・
※各講座とも、定員になりしだい〆切ます。お早めに申込ください!
(小さな塾ですので万一定員になりましたら、申し訳ありませんが、
キャンセル待ちをしていただくことになります。)
※毎年、2学期中間テストが終わると面接が混み合います。お早めに予約してください。
・・・・・

★26年の伝統と信頼と実績 武蔵ゼミナール・大学受験英語塾
  詳細はホームページへ http://www.english634.com