オフィシャルブログ|武蔵ゼミナール・大学受験英語塾

東京都板橋区成増にある英語長文に強い大学受験英語塾「武蔵ゼミナール」の公式サイトです。

オフィシャルブログ

英語の偏差値28から72へ急上昇!

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_4.JPG

「英語直読直解法」という学習法をご存知ですか?
この耳慣れない英語学習法は、現在 高校や予備校等で広く行われている「訳読法」とはまったく異なる方法で英語を身につけることができるのです。
・・・・・
「英語直読直解法」とは、日本語に訳すことなく、英語のまま直接読んで直接理解できるようになる学習法のことです。
この方法で学習すると、長文を読むスピードが訳読の3倍~5倍になり、英語の試験は余裕で受けられるようになります。
 ・・・・・
武蔵ゼミナール・大学受験英語塾では、この英語のまま読める直読直解法で多くの「英語が苦手な生徒」を有名大学合格まで導いています。
 ・・・・・
塾長の私自身が、大学受験の時に「英語直読直解法」に出会い、英語の偏差値を28から72まで上げて、第一志望校に合格しました。
 ・・・・・
毎年、高2のプレセンター試験の英語では100点を越えなかったのに、高3のセンター試験本番で170~190点台を取れる生徒が続々と出ています。
 ・・・・・
その効果を聞いて、都内だけでなく、大宮、横浜、千葉方面など首都圏全域からも数多くの生徒が通塾しています。
また、春期講習や夏期講習には、普段通うことができない地方の生徒も参加しています。
 ・・・・・
2月から新年度の授業が始まっています。まもなく〆切になる講座もあります。
 ・・・・・
詳しくは、武蔵ゼミナール・大学受験英語塾のホームページ(http://www.english634.com)をご覧ください。

Where there’s a will, there’s a way. 意志があるところに道は開ける

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_2.JPG

Where there’s a will, there’s a way. (意志があるところに道は開ける。)

皆さんは、志望校をどの段階で決めますか?

最初は志望校を特に決めずに受験勉強をして、秋も深まってから実力がついた段階で志望校を決めるという人が多いようですが・・・
そんなやり方で、果たして実力がつくのでしょうか?

「ちょっと散歩をしてくる。」と家を出て、何時間も歩いて気がついたら富士山の頂上にいたということがあるでしょうか?
せいぜい20~30分も歩けばいい方ではないでしょうか。

「富士山に登るぞ!」と決めて出発したらどうでしょうか?
天候の悪化などの不測の事態を除けば、ほぼ確実に頂上に到達するのではないでしょうか。

じつは、実力をつけるために目標が必要なのであって、目標がないと実力がつかないのです。
まず志望校を決めて、それを目指して受験勉強をする方がはるかに実力は伸びるのです。

私もそうでした。大学に行こうと決めて、最初に志望校を決めました。
というか、最初から慶応か早稲田に行こうと決めてから予備校に入りました。

予備校に入って最初の模擬試験で、英語の偏差値が28でした。
それから必死になって文法を勉強し、単語を覚え、長文を読む練習をしました。第1志望校の慶応を目指して。
やがて偏差値が72まで上がり、慶応大学に合格したのです。

去年、流行った映画「ビリギャル」もそうでしたよね。
最初に「私、慶応に行くことにした。」と言ってお母さんを驚かせていました。

志望校を決めてなければ、つまり目標がなければ、だらだらと勉強していてあまり成績は上がらなかったと思います。
志望校を決めて、はっきりとした目標があるから、集中して勉強することができ、合格したのだと思います。

武蔵ゼミナール・大学受験英語塾では、まず志望校を決めようと指導しています。その際に「今の自分でも行けそうな大学ではなく、もし行けるなら本当はどこに行きたい? どんなに難しくても、あるいはほぼ不可能だとしても、本当は、本当は、どこに行きたいの?」 とたずねています。

それから「その夢・目標に向かってしっかりと計画を立て実行に移そう、不可能を可能にしよう」と塾生たちを指導しています。これが、英語が苦手で偏差値30台や40台の生徒でも、一流大学に逆転合格する秘訣のひとつなのです。

・・・・・
武蔵ゼミナール・大学受験英語塾 http://english634.com

2016 春期講習・英語集中講座

2016 春期講習・英語集中講座の申込受付中
 ・・・・・
■春期講習・英語集中講座 3月27日~4月4日(充実の8日間・3/31休み)
E1 実戦文法・語法演習 14:40~16:10 (対象学年・新高3~高卒)
E2 中上級・直読直解法 16:20~18:10 (対象学年・新高3~高卒)
E3 初中級・英文法講義 18:20~19:50 (対象学年・新高2~高卒)
E4 受験リスニング演習 20:00~21:50 (対象学年・新高1~高卒)

※E3は、完了時制(現在完了・過去完了・未来完了)と 5文型の講義をします。

 ・・・・・
※面接で春期講習の内容を詳しく説明した後、申込の受付をします。
※春期講習には、授業体験はありません。直接、お申込みください。
※春期講習中は平常授業はありません。4月6日(水)から平常通り授業をします。
  (平常授業も生徒募集中!)
※春期講習に参加した後、入塾する際には入塾金が免除(無料)になります。
※各講座とも、定員になりしだい〆切ます。お早めにお申込みください。
 ・・・・・

英語が苦手な高校生の皆さんへ

私も英語が苦手でした。高1の2学期には0点を取り、成績は1でした。
英語は全然できなかったのです。大学受験は無謀な挑戦でした。
  ・・・・・
そんな私が英語の偏差値28を72まで上げて、
夢でしかなかった第1志望校(慶応大学)に合格!
その驚異の学習法が「英語のまま読める直読直解法」です。
  ・・・・・
毎年、英語が苦手だった多くの塾生たちも偏差値を10〜20UP!
英語を得意科目にして、あこがれの志望大学へ合格を果たしています。
  ・・・・・
まもなく、春期講習・英語集中講座がスタート!
この春からあなたも、驚異の「英語直読直解法」を始めてみませんか?
  ・・・・・
●詳細は、ホームページの「お知らせ」の欄をご覧ください。

英語のニュースが楽に聞こえる!

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_5.JPG

★長文を読むスピードが3倍~5倍に!
英語の思考法である 「K-method」 (カワイ式直読直解法) を取り入れることで、英語を読むスピードが格段に速くなります。
一般に日本の高校生が英語の長文を読むスピードは、1分間に約50語~60語と言われていますが、当塾の生徒は、その3倍の約150語~180語で読めるようになります。中には、5倍の約250語~300語で読める生徒も出てきます。
  ・・・・・
こうなると、ネイティブの読書スピードと同じです。よく勘違いされるのですが、一般の英語教育で言う、英文速読や、スキャンニングや、スキミングではありません。斜め読みや飛ばし読みではなく、普通にしっかりと読んで、この速度なのです。
私たちが普通に日本語の文章を読むのと同じ感覚で読めるようになるのです。
  ・・・・・
これは、サイトトランスレーション(語順訳)の後で、意味をしっかりとりながら音読練習やシャドーイングを何度も何度も繰り返したり、さらに黙読の練習を何度も何度も繰り返しているからなのです。だから、英文を読みながら意味が取れるようになるのです。英語の実力・成績は、この練習量の差で決まります。まさに努力次第なのです。
訳読法では、こうはいきません。音読をしたとしても返り読みをしているため意味がついてこないので、空読みになってしまうのです。
  ・・・・・
★センター試験のリスニング、満点続出!
アメリカやイギリスのTVのアナウンサーがニュース原稿を読むスピードが1分間に160語前後ですので、こうなると英語のニュースも楽に聞こえるようになります。
そして最後に、英語のリズムの練習をします。これも高校では ほとんど指導されていませんが、英語のリズムが身につくと さらにゆっくり聞こえるようになります。
一般に教えられている「訳読法」では、まったくありえないことです。
(※リスニング直解講座では、テキストに『CNNニュース・リスニング 2015春夏』を使用しています。)
  ・・・・・
●「初めて英語のリズムの練習をしたら、聞こえ方が全然違って、びっくりしました。すごかったです。」(高2女子 K.H)
●「英語を聞いている感じがしなかった。まるで日本語を聞いているかのように、ゆっくり英語が聞こえた。」(高3男子 A.H)
●「今日は久しぶりに英語のリズムをしたら、今まで聞こえていたものより一層ゆっくりに聞こえました。」(高3女子 M.N)
●「長文やニュースをいちいち日本語に訳すのではなく、英語のまま理解できるということがわかりました。」(高2男子 K.H)
●「英語のリズムの練習をした後、大切な語だけが大きく聞こえて、初めて聞いた時より聞きやすかった。」(高1女子 M.K) 
  ・・・・・
武蔵ゼミナールのほとんどの生徒が、模擬試験や、実際の入試で、時間が足りなくなるということはまったくなく、むしろ大幅に余るくらいなのです。センター試験の英語で9割(180点)以上、リスニングはほぼ満点(50点)を取れるようになるのは、奇跡でも不思議でもなく、この 「K-method」 (カワイ式直読直解法) で勉強しているから当然のことなのです。
つまり、英語をいちいち日本語に訳すのではなく、英語そのものが直接分かるようになるので、速く正確に読めるのです。
  ・・・・・
武蔵ゼミナール・大学受験英語塾 http://www.english634.com

高2の皆さん、あと300 日でセンター試験!

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_3.JPG

高2の皆さん、来年度のセンター試験まで残り約300日です。

私は英語が苦手でした。高1の2学期には0点を取り、成績は1でした。
英語は全然できなかったのです。大学受験は無謀な挑戦でした。
  ・・・・・
そんな私が英語の偏差値28を72まで上げて、
夢でしかなかった第1志望校(慶応大学)に合格!
その驚異の学習法が「英語のまま読める直読直解法」です。
  ・・・・・
毎年、英語が苦手だった多くの塾生たちも偏差値を10〜20UP!
英語を得意科目にして、あこがれの志望大学へ合格を果たしています。
  ・・・・・
3月より新年度の授業が始まっています。ぜひ授業体験をしませんか?
時間割等は、HP(english634.com)の「コース内容」の欄を参照してください。
 ・・・・・
①メールで面接の日時を予約してください。
②面接で詳しく授業の説明をした後で、授業体験のスケジュールを組みます。
③授業体験の後、入塾の申込を受け付けます。
 ・・・・・ 
※各講座とも、定員になりしだい〆切ます。お早めに申込ください!
(小さな塾ですので万一定員になりましたら、申し訳ありませんが、
キャンセル待ちをしていただくことになります。)
※毎年、学年末テストが終わると面接が混み合います。お早めに予約してください。

武蔵ゼミナール・大学受験英語塾 http://www.english634.com

音読の徹底が不可能を可能に!

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_8.JPG

★英語の音読練習が不可能を可能に・・・
英語が苦手で、高1の2学期には0点を取り、成績表には1が付いていました。そんな私が、予備校に通ってた頃に読んだ本が、旧版「英語の話し方」國弘正雄著(サイマル出版会)です。(※写真は、たちばな出版から復刊されたものです。)
同時通訳の神様と呼ばれた國弘先生は、その著書の中で音読の効果を次のように説いています。
・・・・・
「幸い教科書だけはありました。そこで、これを声に出して繰り返し読んだのです。おそらく一つのレッスンについて平均五百回、課によっては千回も読んだだろうと思います。・・・(中略)・・・進駐軍兵士に話しかけたところ、驚くなかれ、こちらの言うことが相手に通じるだけでなく、相手の言うことも、中学三年生としては驚くほどよくわかったのです。」
・・・・・
この練習を國弘先生は「只管朗読」(ただひたすら朗読すること)と名付けています。コツは意味をしっかり取りながら音読を繰り返すことです。この本を読んだ後、私は予備校のテキストの只管朗読を始めました。
何十回、何百回と意味をしっかり取りながら音読の練習を繰り返すと、次第にいちいち日本語に訳さなくても英語のまま読めるようになりました。
その結果、苦手だった英語の偏差値が28から72まで上がり、夢でしかなかった第一志望校に合格したのです。
徹底した音読の練習が、不可能を可能にしました。
・・・・・
英語と日本語では語順が異なるために、そのまま読んだのでは意味が乗っかりません。意味をしっかり取りながら音読をするために「英語直読直解法」が役に立ちます。直読直解法は同時通訳を養成するために編み出された方法なのです。武蔵ゼミナール・大学受験英語塾では26年前に指導を開始してから、一般に普及している「訳読法」ではなく、ずっと「直読直解法」で英語の授業をしてきました。
・・・・・
都心の大手予備校ではなく、町の小さな英語塾から毎年のように東大をはじめ早慶上智などの一流大学に合格者を出し続けているのは、この26年間一貫して「直読直解法」で指導をしているからです。
武蔵ゼミナール・大学受験英語塾では、私の経験に基づき、塾生たちが意味をしっかり取りながら音読の練習を根気強く続けた結果、日本語に訳すことなく英語のまま読めるようになっています。つまり、本物の英語の実力を身につけています。塾生たちの英語の実力は、まさに本気の努力の結晶なのです。
・・・・・
武蔵ゼミナール 大学受験英語塾 http://www.english634.com

英語が苦手な高校生の皆さんへ

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e.JPG

英語が苦手な高校生の皆さんへ

私は英語が大の苦手でした。高1の2学期には0点を取り、成績は1でした。
英語は全然できなかったのです。大学受験は無謀な挑戦でした。
  ・・・・・
そんな私が英語の偏差値28を72まで上げて、夢でしかなかった第1志望校・慶応大学文学部に合格! (「ビリギャル」ならぬ、元祖ビリ男です。)
その驚異の学習法が「英語のまま読める直読直解法」です。
  ・・・・・
毎年、英語が苦手だった多くの塾生たちも偏差値を10〜20UP! なかには30以上上げた生徒もいます。
このように英語を得意科目にして、あこがれの志望大学へ合格を果たしています。
  ・・・・・
「英語直読直解法」とは英語の長文を訳読するのではなく、英語のまま直接読んで直接理解できるようにする学習法です。
  ・・・・・
英語のまま読めるようになるので、訳読の3倍〜5倍のスピードで読めるようになります。センター試験を始め入試の英語で時間に余裕ができます。

・・・・・

英語のまま理解できるようになると、リスニングも楽にできるようになります。

武蔵ゼミナールでは実際の英語のニュースを教材にしてリスニングの練習をしているので、大学入試だけでなく、グローバル化の進む社会へ出ても役に立ちます。

・・・・・

入試の時しか役に立たない訳読法と、社会人になってからも更に役に立つ直読直解法、あなたならどちらを選びますか? これが首都圏全域から、そして講習時には全国から生徒が集まる理由なのです。

・・・・・・

武蔵ゼミナール・大学受験英語塾 http://www.english634.com

英語のまま読める直読直解法

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_7.JPG

今年で、武蔵ゼミナール・大学受験英語塾は「英語のまま読める直読直解法」を指導して26年になります。

「直読直解法」とは、聞く・話す・読む・書くの4技能を同時に伸ばすことのできる英語学習法です。現在、高校や予備校などで広く普及している「訳読法」とは違い、英語のまま直接読んで直接理解することができ、また英語のまま直接発信することのできる方法です。

3年前より、この直読直解法を自塾の生徒だけのものにしておくのではなく、もっと多くの生徒たちにも学んでもらいたいと思い、仲間の塾と一緒に「全国英語直読研究会」を始めました。

昨年、直読直解法の指導開始25年目の節目の年には、さらに広げて日本中の生徒たちに「英語直読直解法」を伝えようと通信教育の構想を練りました。今年は、この通信教育による講座を本格的にスタートしようと考えています。

2020年度、今の中1が大学受験をする年からセンター試験がなくなり、大学入試の仕組みそのものが大きく変わることが報道されています。
中でも英語は、現在の読解力中心の試験から4技能を試すものに変えようと議論されています。そのために、TOEFLやTOEICや英検などの資格試験の活用も検討されています。これらの入試改革は世の中が大きく変化しているために行われ、経済・産業界の要請によるものです。受験英語ではなく、実際に使える英語力が求められているのです。

上智大学、立教大学、青山学院大学、東京理科大学などでは、TEAP(アカデミック英語能力判定試験)を利用した入試もスタートしました。この試験でも4技能がテストされます。基準点をクリアーすると入試で英語が免除になります。新年度からは、早稲田大学でも利用することが報道されています。
武蔵ゼミナール・大学受験英語塾では、TEAPの基準点をクリアーして上智大学や立教大学や青山学院大学の入試で英語免除になった生徒が続出しています。

現在の訳読中心の英語教育のままでは、今の中1より下の生徒たちが大学入試で困るのは目に見えています。また大学入試だけでなく、就職してからもグローバル化の進む社会では、ますます使える英語力が必要です。今、日本の英語教育を4技能を伸ばすことのできる直読直解法に切り換えなければいけない時が来ています。

今年も武蔵ゼミナール・大学受験英語塾では、日本の英語教育を「訳読法」から「直読直解法」へ変えるために、今まで以上にしっかりと取り組んでいきます。全国の高校生、保護者の皆様よろしくお願いします。

武蔵ゼミナール・大学受験英語塾 http://www.english634.com

Where there’s a will, there’s a way. 意志があるところに道は開ける

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_2.JPG

Where there’s a will, there’s a way. (意志があるところに道は開ける。)

皆さんは、志望校をどの段階で決めますか?

最初は志望校を特に決めずに受験勉強をして、秋も深まってから実力がついた段階で志望校を決めるという人が多いようですが・・・
そんなやり方で、果たして実力がつくのでしょうか?

「ちょっと散歩をしてくる。」と家を出て、何時間も歩いて気がついたら富士山の頂上にいたということがあるでしょうか?
せいぜい20~30分も歩けばいい方ではないでしょうか。

「富士山に登るぞ!」と決めて出発したらどうでしょうか?
天候の悪化などの不測の事態を除けば、ほぼ確実に頂上に到達するのではないでしょうか。

じつは、実力をつけるために目標が必要なのであって、目標がないと実力がつかないのです。
まず志望校を決めて、それを目指して受験勉強をする方がはるかに実力は伸びるのです。

私もそうでした。大学に行こうと決めて、最初に志望校を決めました。
というか、最初から慶応か早稲田に行こうと決めてから予備校に入りました。

予備校に入って最初の模擬試験で、英語の偏差値が28でした。
それから必死になって文法を勉強し、単語を覚え、長文を読む練習をしました。第1志望校の慶応を目指して。
やがて偏差値が72まで上がり、慶応大学に合格したのです。

去年、流行った映画「ビリギャル」もそうでしたよね。
最初に「私、慶応に行くことにした。」と言ってお母さんを驚かせていました。

志望校を決めてなければ、つまり目標がなければ、だらだらと勉強していてあまり成績は上がらなかったと思います。
志望校を決めて、はっきりとした目標があるから、集中して勉強することができ、合格したのだと思います。

武蔵ゼミナール・大学受験英語塾では、まず志望校を決めようと指導しています。その際に「今の自分でも行けそうな大学ではなく、もし行けるなら本当はどこに行きたい? どんなに難しくても、あるいはほぼ不可能だとしても、本当は、本当は、どこに行きたいの?」 とたずねています。

それから「その夢・目標に向かってしっかりと計画を立て実行に移そう、不可能を可能にしよう」と塾生たちを指導しています。これが、英語が苦手で偏差値30台や40台の生徒でも、一流大学に逆転合格する秘訣のひとつなのです。

・・・・・
武蔵ゼミナール・大学受験英語塾 http://english634.com

音読の徹底が不可能を可能に!

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_8.JPG

★英語の音読練習が不可能を可能に・・・
英語が苦手で、高1の2学期には0点を取り、成績表には1が付いていました。そんな私が、予備校に通ってた頃に読んだ本が、旧版「英語の話し方」國弘正雄著(サイマル出版会)です。(※写真は、たちばな出版から復刊されたものです。)
同時通訳の神様と呼ばれた國弘先生は、その著書の中で音読の効果を次のように説いています。
・・・・・
「幸い教科書だけはありました。そこで、これを声に出して繰り返し読んだのです。おそらく一つのレッスンについて平均五百回、課によっては千回も読んだだろうと思います。・・・(中略)・・・進駐軍兵士に話しかけたところ、驚くなかれ、こちらの言うことが相手に通じるだけでなく、相手の言うことも、中学三年生としては驚くほどよくわかったのです。」
・・・・・
この練習を國弘先生は「只管朗読」(ただひたすら朗読すること)と名付けています。コツは意味をしっかり取りながら音読を繰り返すことです。この本を読んだ後、私は予備校のテキストの只管朗読を始めました。
何十回、何百回と意味をしっかり取りながら音読の練習を繰り返すと、次第にいちいち日本語に訳さなくても英語のまま読めるようになりました。
その結果、苦手だった英語の偏差値が28から72まで上がり、夢でしかなかった第一志望校に合格したのです。
徹底した音読の練習が、不可能を可能にしました。
・・・・・
英語と日本語では語順が異なるために、そのまま読んだのでは意味が乗っかりません。意味をしっかり取りながら音読をするために「英語直読直解法」が役に立ちます。直読直解法は同時通訳を養成するために編み出された方法なのです。武蔵ゼミナール・大学受験英語塾では26年前に指導を開始してから、一般に普及している「訳読法」ではなく、ずっと「直読直解法」で英語の授業をしてきました。
・・・・・
都心の大手予備校ではなく、町の小さな英語塾から毎年のように東大をはじめ早慶上智などの一流大学に合格者を出し続けているのは、この26年間一貫して「直読直解法」で指導をしているからです。
武蔵ゼミナール・大学受験英語塾では、私の経験に基づき、塾生たちが意味をしっかり取りながら音読の練習を根気強く続けた結果、日本語に訳すことなく英語のまま読めるようになっています。つまり、本物の英語の実力を身につけています。塾生たちの英語の実力は、まさに本気の努力の結晶なのです。
・・・・・
武蔵ゼミナール 大学受験英語塾 http://www.english634.com