授業の基本方針

急に難しくなる高校英語、4技能が必要になる大学受験

高校生の皆さん、英語が好きですか? 得意ですか? 英語のまま聞いて理解できますか? 話せますか? 日本語に訳さずに直接読めますか? 書けますか? つまり、4技能が使えるようになっていますか?

高校英語は、中学英語に比べると急激に難しくなります。すると、中学まで得意だった生徒でも、英文を理解しづらくなって成績が下がりはじめ、英語が嫌いという生徒や、苦手という生徒が段々増えてきます。皆さんはどうでしょうか?

また、英語が好きで学校の定期テストはできるけど、実力テストになるとあまりできないという生徒もいると思います。

そういう生徒は、教科書の訳を覚えているから学校の定期テストができるだけで、本当の意味で英語を読むことはできないのではないでしょうか? それで、実力テストであまり点が取れないのです。模擬試験や、実際の大学入試の英語となると、さらに難しくなるのでなおさらです。

また、英語が本当にできるというのは、単に学校の成績がいいとか、入試に合格するということだけでなく、”聞く・話す・読む・書く”4技能が使えるようになることなのです。あと1年でセンター試験は廃止され、入試でも4技能のテストが実施されます。

英語が難しいのは「訳読法」が原因 !?

実は、日本の英語教育は、「訳読法」 という暗号解読やパズルを解くような作業をしているので、訳すのが難しく、時間がかかるし、聞いて理解できないのです。そして、聞こえないということは、本当は言語として読めていないのではないでしょうか。

英語を本当に読んだり、聞いたりするというのは、いちいち日本語に訳すのではなくて、一つの言語として普通に英語のまま直接読んだり、聞いたりして理解できることなのです。

そして、実際にそのほうが習得するのが容易なのです。なぜなら、一般に暗号解読ができる人はスパイや軍の特殊部隊など、ごく一部しかいませんが、言語は人間なら誰でも身につけているからです。

一部の人しかできないことと、誰でもできることと、どちらが簡単かというと、誰でもできることの方が簡単なのは言うまでもないことです。英語の学習も暗号解読やパズルを解くような複雑な方法よりも、言語として学ぶほうが、はるかに簡単なのです。

英語が”大好き” ”超得意”になる画期的学習法

日本人にとって英語が難しいのは、英語教育の方法が根本的に違っているからなのです。

暗号解読やパズルなどではなく、言語として誰でもできる方法で学べば、もっと簡単に身につけることができるのです。

したがって、できるだけ早い段階で、従来の 「訳読法」 から抜け出し、英語のまま直接読める、聞こえるという 「本物の英語力」 をつけるための新たな正しい学習法に切り替えたほうが、楽に英語を習得することができるのです。

「634.K-method」 (カワイ式英語直読直解法)では、同時通訳の原理を応用して、英語の語順で英語のまま読めるようにトレーニングしています。この方法で学習すると 「英語の発想法」 が身につくのです。 つまり、英語の語順で理解したり、考えたりする力が身につくので、驚くほど楽に英語を読んだり聞いたりして理解できるようになり、また会話をしたり英文を書いたりすることができるようになって、英語が大好きに、そして得意になるのです。つまり、”聞く・話す・読む・書く”4技能が自由にできるようになるのです。

英語を学習する上で、一番重要なことは、言語としての 「英語の発想法」 を身につけることです。これは、従来の 「訳読法」 では絶対に身につきません。なぜなら、日本語に訳してしまうため、当然のことなのですが英語で考える必要がないからです。
英語を日本語に直して学ぶのではなく、英語を英語として学ぶことが一番大切なのです。

驚くほど楽に英語のまま理解できる「直読直解法」(634.K-metnod)

「英語の発想法」 が身につくと、英語のまま理解したり、英語で考えたりすることができるようになり、言語として普通に英語を聞いたり、話したり、読んだり,書いたりすることが自由にできるようになります。つまり、英語の4技能が習得できるのです。

私たちが日本語を読んだり、聞いたりするのと同じぐらい自然に英語を読んだり、聞いたりすることができるようになるのです。

その結果、確実に英語の成績が急上昇し、全国でもトップレベルの実力が身につくのです。

暗号解読やパズルを解くような難解で複雑な作業をしなければいけない 「訳読法」 (Last In First Out) と比べて、言語として普通に読めるようにする 「直読直解法」 (First In First Out) のほうが楽に英文を読めるようになり、英語が大好きになったり、得意になったりするのは当然のことです。

「634.K-method」 (カワイ式英語直読直解法)で学習すると、センター試験レベルの長文なら高1でも楽に読めるようになるし、一般入試の難しい長文でも高2で楽々読めるようになります。

したがって、英語の勉強にかかっていた余計なエネルギーと時間を他の科目にまわすこともできるようになります。

634k

3ヶ月で偏差値が15上がる驚異の英語学習法

武蔵ゼミナール・大学受験英語塾では、従来からの英語を日本語に訳す 「訳読法」 ではなく、英語のままスラスラ理解できる 「634.K-method」 (カワイ式直読直解法) という新たな正しい学習法で、「英語の発想法」 を身につけ、実際に4技能が使える本物の英語力を養成しています。

このように、英語を日本語に訳すのではなく、英語を”英語”のまま理解できるように身につければ、偏差値が10~20上がり、学校はもちろん、全国でもトップレベルの実力がつきます。

多くの生徒が、高1~高2で 英検2級、高2~高3で 準1級を取得しています。なかには、1級を取得する生徒も時々います。
(※詳しくは、「英語直読直解法」 の欄の中の 『英語の発想法が身につく画期的勉強法 ”634.K-method”』 をご覧ください。)

英語が苦手な生徒のための英語専門塾!

※塾のLINE@を友だち追加してください。LINE@english634から英語が苦手な高校生・浪人生、または保護者の方に塾の情報を配信します!

 

「634.K-method」 で学習すると、驚くほど簡単に英語が読めるようになります! また、ラジオやTVの英語ニュースなども聞こえるようになり、とても感動します! まるで日本語のように、直接理解できるのです。そして、ますます英語の勉強が大好きに、得意になるのです!

その結果、英語が苦手な生徒でも、3ヶ月で偏差値を 15UP させて、学校の成績はもちろん、全国模試でもトップクラスになります。

今まで、英語の成績が上がらなかったのは、英語が苦手だったからではなく、本物の正しい勉強の仕方を知らなかったからなのです従来の 「訳読法」 では、どんなに頑張っても、本物の英語力は身につかないからなのです。

英語の学習法を従来の 「訳読法」 から、 「634.K-method」(カワイ式直読直解法) に切り替えれば、英語の実力がどんどん伸びて、大きな自信がつきます。実際、今まで全然英語の長文が読めなかった生徒でも、信じられないくらいスラスラ読めるようになります!

今まで日本語に訳して苦労して勉強していた生徒の皆さん、一日も早く「直読直解法」に切り換えたほうが英語の勉強が楽になります。

そして、英語の勉強にかけていた余分なエネルギーと時間を他の科目にまわしたほうが、受験勉強全体も楽になります。

LINE@⑥
※武蔵ゼミナール・大学受験英語塾のLINE@を友だち追加してください。

グローバル社会に通用する本格的な英語力を磨く

「634.K-method」(カワイ式直読直解法) で学習した結果、多くの生徒たちが、夢でしかなかった”難関大学合格”を実現しています。また、海外の大学に留学する生徒もいます。

わが国の伝統的な英語の勉強法である 「訳読法」 は、リスニングには全く歯が立たず、読むのもスピードが遅すぎて国際社会ではあまり役に立たず、英語力の世界標準には程遠く、ガラパゴス化しているといっても過言ではないでしょう。

暗号解読やパズルのような 「訳読」 (LI FO) でどんなに英語の成績が良くても、本当に使える英語とはほとんど関係がありません。仕事で使える英語というのは 「直読直解」 (FI FO) できる英語力のことを言うのです。

武蔵ゼミナール・大学受験英語塾では、生徒の学習意欲を大切にし、英語の語順で考える「634.K-method」で、「英語の発想法」 を身につけ、英語が英語のままスラスラわかる喜びや、使える喜びを実現し、志望校に合格するだけでなく、グローバル社会で自らの人生を切り拓く力を育てています。

英語を英語のまま理解できる 「本物の英語力」 は、大学受験だけでなく社会人になってからも必要です。いやグローバル化が進行している現代社会では、社会人になってからますます必要なのです。
(※武蔵ゼミナールの 「634.K-method」 は、ここ成増の地で指導開始以来、29年の伝統と信頼と実績があります。)

画期的な英語学習法 「634.K-method」 が全国へ!

日本中の高校生が 「本物の使える英語」 を学べるように、「全国英語直読指導研究会」 を主宰しています。

「634.K-method」 (カワイ式直読直解法) を普及するために、全国の学習塾で講演や模擬授業なども行っています。

現在、武蔵ゼミナールの他に、モデル校として埼玉県本庄市の 大地学習塾 や さいたま市の 個別対応 Be-1(びーわん)でも「英語リスニング直解講座」 や 「英語長文直読直解講座」 の授業を監修・指導しています。
お近くの方で、直読直解法で学びたいと考えている高校生の皆さん、ぜひどうぞ!

また、「全国英語直読指導研究会」では、直読直解法を使って指導ができるように、先生方の研修を行っています。この方法で指導をすると、とてもわかりやすく、実力がつくのが実感できるので、生徒たちの顔が輝き出します!
生徒たちは皆、本当に楽しそうに生き生きと学んでいて、英語が大好きに、得意になっていくのです。

直読直解法で指導して、生徒たちの英語力を飛躍的に伸ばしたいと願っている先生方は、ぜひ連絡を下さい!

「全国英語直読指導研究会」の仲間を募集しています。日本中の高校生のために、全国の先生方の連絡をお待ちしています。

★入塾するには?

まず、入塾面接(授業内容の説明)と、授業体験(無料)を受けてください。(要予約)

(※授業体験は平常授業時に実施します。但し、季節講習では実施しません。)

1.入塾面接の日時をネット予約してください。
2.詳しい面接によって授業内容を理解します。
3.授業体験(無料)に約1~2週間参加します。
4.保護者と相談の上で入塾を決定しましょう。
5.入塾の意志を確認して、手続きを取ります。

※申し訳ありませんが授業中、または面接・出張・研修等のため電話に出れないことがあります。
※下の入塾面接予約はこちら】で、24時間いつでもネット予約ができますのでご利用ください。