2022(令和4)年度・平常授業 時間割

リスニング&長文読解講座 (必修講座)

クラス・講座 曜日・時間 学 年(レベル) 空席状況
・長文読解(上級)
・リスニング直解
(留学・就活対策)
(水)20:00~21:45
(金)20:00~21:45
(2講座)
高校生・大学生
(英検1級・TOEIC対策)
オンライン(募集終了)
・リスニング直解
・長文読解(中級)
・長文読解(初級)
(大学入試対策)
(金)20:00~21:45
(日)20:00~21:45
(月)20:00~21:45
(3講座)
高2・高3・浪人生
(一般入試・英検準1級 /
共通テスト・英検2級対策)
12月開講(新講座)
・リスニング直解
・長文読解(中級)
・長文読解(初級)
(大学入試対策)
(日)18:00~19:45
(日)20:00~21:45
(月)20:00~21:45
(3講座)
高2・高3・浪人生
(一般入試・英検準1級 /
共通テスト・英検2級対策)
12月開講(新講座)
・リスニング直解
・長文読解(中級)
(大学入試対策)
(金)20:00~21:45
(日)20:00~21:45
(2講座)
高2・高3・浪人生
(一般入試・英検準1級対策)
オンライン・空席あり
・リスニング直解
・長文読解(中級)
(大学入試対策)
(日)18:00~19:45
(月)18:00~19:45
(2講座)
高2・高3・浪人生
(一般入試・英検準1級対策)
オンライン・空席あり
・リスニング直解
・長文読解(中級)
(大学入試対策)
(日)18:00~19:45
(日)20:00~21:45
(2講座)
高2・高3・浪人生
(一般入試・英検準1級対策)
オンライン・空席あり
・リスニング直解
・長文読解(初級)
(共通テスト対策)
(金)20:00~21:45
(月)20:00~21:45
(2講座)
中3・高1・高2
(共通テスト・英検2級対策)
12月開講(新講座)
・リスニング直解
・長文読解(初級)
(共通テスト対策)
(日)18:00~19:45
(月)20:00~21:45
(2講座)
中3・高1・高2
(共通テスト・英検2級対策)
12月開講(新講座)
・リスニング直解
・長文読解(入門)
(高校入試対策)
(日)18:00~19:45
(水)18:00~19:45
(2講座)
中2・中3
(高校入試・英検準2級対策)
オンライン(募集終了)
・長文読解(入門)
(高校入試対策)
(水)18:00~19:45
(1講座)
中2・中3(高校入試対策) オンライン(募集終了)

英語がゆっくり聞こえるリスニング直解法(必修・週1回)

本格的なリスニングを通して「英語耳」が作られ、訳すことなく英語のまま理解する能力が身につく共通テストのリスニング対策の必修講座です。また、留学を希望する生徒にとっては絶対に必要な能力です。さらに、TOEIC のリスニングにも役立つので大学生も受講しています。

3か月で英語のニュースがゆっくり聞こえるようになる、武蔵ゼミナールで一番人気のある講座です。ニュースは会話と違いニュース原稿を読み上げているので長文を音声化したものと言えます。聞いて直接理解できるようになると、長文も訳すことなく英語のまま理解できるようになるので、長文読解の土台も築きます。

また、発音よりもはるかに重要なものにプロソディー(韻律)がありますが、中学・高校ではほとんど指導されていません。プロソディーとは音声の長短、アクセント、子音・母音の一定の配列の仕方などで表す音楽的な調子(リズム)のことです。

英語のプロソディーには①単語のリズムと②文のリズムの2種類があります。①単語のリズムは洋楽(英語の歌)を使い、②文のリズムはジャズチャンツを使って練習します。日本語にはない英語独特のこれらのリズムの練習をすることでリスニング力は飛躍的にアップします。

このリスニング講座は、実際のアメリカのTVのニュース(CNN)を教材にする本格派です。 共通テストのリスニングテストも満点続出! 就職や留学にも有利と、大学生にもとても人気のある講座です。

※高1・高2・高3・浪人生は「リスニング直解法」&「長文読解講座」が必修です。この「リスニング直解法」と、次に紹介する「長文読解講座(初級 / 中級)」を併せて学習することで、英語が苦手な生徒でも超得意になります。

※大学生の就職活動対策として、TOEICのリスニングの得点力アップにもとても効果があります。「長文読解講座(上級)」と併せて受講することで800点以上を目指します。

リスニングテキスト

訳さず英語のまま理解できる長文読解講座(必修・週1回)

上級はTOEICの800点以上(英検1級レベル)、中級は大学の一般入試(英検準1級レベル)、初級は共通テストのリーディング(英検2級レベル)、入門は私立高校の入試(英検準2級レベル)を目指して日本語に訳すのではなく英語のまま直接読めるようにする武蔵ゼミナールの看板講座です!高校生は英検2級レベルからスタートし英検準1級~1級を目指します。(※共通テストは英検2級レベル、GMARCHは準1級レベル、早慶上智は準1級~1級レベルです。)音声が利用できるテキストを使用するので確実に直読直解力(英語のまま理解する力)が育ちます。

初級 / 中級は本格的な受験勉強をする高1・高2・高3・浪人生に最適な講座です。留学を希望しTOEFLを受ける高校生にとっては上級が必須の講座になります。また、上級は就職活動のためにTOEIC のスコアを伸ばしたい大学生の長文対策にもとても効果があります。

直読直解法が身につくと訳読法の4倍(ネイティブと同等)の速さで読めるようになり、入試は余裕で解答できるようになります。 英語の苦手な生徒でも、3か月で偏差値15以上は当たり前のようにアップし、全国模試でトップクラスになる驚異の講座です。”聞く・話す・読む・書く”4技能にとても強い本格的な英語学習法です。

※高校生・浪人生は「長文読解(初級 / 中級)」&「リスニング直解法」が必修です。この「長文読解(初級 / 中級)と、先に紹介した「リスニング直解法」を併せて受講することで、英語に絶対の自信を持てるようになります。

※アメリカ、イギリス。オーストラリア等の英語圏へ留学を志望する生徒や、就職活動のためにTOEIC対策が必要な大学生は「長文読解講座(上級)」&「リスニング直解法」が必修です。この「長文読解講座(上級)」と先に紹介した「リスニング直解法」を併せて受講することで、TOEICの800点以上を目指します。

長文テキスト

中学生のための「英語のまま理解できる直聞&直読直解法」入門講座

新しい指導要領のもとで小5から英語が正式の教科になったため、中学校の教科書が難化し中3の教科書は以前の高1レベルになっています。そのため、多くの中3生や保護者の方からSOSが出たので、昨年から急遽、中学生対象の直聞&直読直解法の入門講座を立ち上げました。

私立高校の入試レベルの長文(英検準2級レベル)を目指して、日本語に訳さず英語のまま理解できる本格的な長文読解力を磨きます。さらに、QRコードによる音声も利用できるテキストを使用するので本格的なリスニング対策にもなります。高校入試はもちろん、大学入学共通テストのリスニングにもつながる形でトレーニングします。

リスニング力を伸ばすために、発音よりもはるかに重要なものにプロソディー(韻律)がありますが、中学・高校ではほとんど指導されていません。プロソディーとは音声の長短、アクセント、子音・母音の一定の配列の仕方などで表す音楽的な調子(リズム)のことです。

英語のプロソディーには①単語のリズムと②文のリズムの2種類があります。①単語のリズムは洋楽(英語の歌)を使い、②文のリズムはジャズチャンツを使って練習します。日本語にはない英語独特のこれらのリズムの練習をすることでリスニング力も飛躍的にアップします。

直聞&直読直解のための認知英文法 / 学習量が3倍に増える速読術(選択講座)

クラス・講座 (曜日)時間 該当学年 講座種別・空席状況
・直聞&直読直解のための認知英文法 (金)18:15~19:45 高校生・浪人生 11月開講(新講座)
・学習量が3倍になる日本語速読術 (水)22:00~22:30 高校生・浪人生 オンライン・空席あり
・学習量が3倍に増える英文速読術 (金)22:00~22:30
高校生・浪人生 オンライン・空席あり
・学習量が3倍に増える英文速読術 (日)22:00~22:30 高校生・浪人生 オンライン・空席あり

直聞&直読直解のための「認知英文法演習」(選択講座)

「認知英文法」というのをご存じですか?中学・高校や塾・予備校などで一般的に勉強している、いわゆる「学校英文法」とは異なり、英米人の潜在意識の中にある実践的な「話せる英文法」のことです。当塾では、ネイティブが英語を話す際に無意識に活用している、認知言語学に基づく英語の認知文法を指導しています。

私たち日本人は、国語の教師でなければ、知識としての日本語の文法をあまり知らないですよね。でも日本語は話しています。これは潜在意識の中に「話せる日本語の文法」があるからで、無意識にこのルールを活用して日本語を話しているのです。この無意識のうちに使っている話せる文法のことを日本語の認知文法と言います。

同様に、一般の英米人も文法の理論的な知識はあまりないのですが、英語の「認知文法」が備わっているので英語を話すことができます。従って、私たち日本人もリスニングや長文読解をできるようにするには「認知英文法」の習得が不可欠なのです。

この授業では文法問題を解くための知識だけの「学校英文法」ではなく、英語のまま理解する直聞&直読直解のための実用的な「認知英文法」の講義と演習をします。認知英文法を習得することで直聞&直読直解によるリスニングも長文読解も盤石になり、さらに伸びます。文法問題でさえ確実に解けるようになります。

具体的には、「現在完了は実は1つだった!」「条件文としての if の使い方」などがあります。現在完了は学校英文法では「経験」「継続」「完了・結果」の3つの用法を学習しますが、この3つの用法に共通している1つの大原則を学びます。この大原則を学習すると、全ての用法がつながって現在完了を理解しやすくなります。過去完了も未来完了も同じルールなので、完了時制そのものが簡単に習得できるようになります。

また、仮定法は学校英文法では仮定法過去(現在の反事実)と仮定法過去完了(過去の反事実)を学習しますが、仮定法ではなく条件文としての if の使い方を現在・過去・未来と3時制に渡って学びます。実はイギリス留学時に、目から鱗が落ちるような授業を見学したことがあります。その授業では仮定法としてではなく、条件文として if をどのように使うかを説明していたのです。

その他にも、関係代名詞や関係副詞も実用的な観点から、代名詞や副詞としてその本質を学習したり、受動態と能動態の本質的な違いを学習します。文法理論を丸暗記する学校英文法とは異なり、実用的な観点から本格的に話せる英文法を習得する「認知英文法」の授業は塾生たちにもとても好評です。

よくある文法問題のための理論型の「学校英文法」では、長文を読むのに役に立たないばかりか、文法問題を解くのにも苦労することがよくあります。文法問題を解くためのテクニックに走りすぎ、英文法をただの知識として表面的にしか捉えてないために起きるのです。文法問題を解くにも「認知英文法」を学んで根本的に英語のルールを習得する方が確実なのです。

訳さずに長文を理解するための実用的な「認知英文法」の講座では、長文を読むのに欠かせない受験生必修の「話せる英文法」を根本的に理解できるように学習します。実は、訳読には「学校英文法」はあまり役に立ちません。というのは、きれいに訳すために必要なのはむしろ日本語の能力だからです。

訳すことなく長文を理解するための直聞&直読直解こそ、本物である「認知英文法」の根本的な理解が必要です。そして根本的に理解できると、文法問題さえもすらすらと解けるようになります。実際、予備校などでよくあるテクニック的なものは必要ありません。これ1つで長文読解も文法問題も十分です。不要な講座を取って、負担を増やすことは、受験生は避けたほうが時間を有効に活用できます。

主な対象は、長文読解講座をスタートする高校生・浪人生です。また、英語の仕組みを早く知りたい中3も受講しています。英語を成り立たせている実用的な話せる「認知英文法」の仕組みはこんなに面白いのかと、塾生たちにとても評判の良い講座です。

文法テキスト

学習量が3倍に増える英文速読術(選択講座)

塾長が受験生のときに習得した「英文速読術」を指導します。3倍以上の速読力が身につき、同じ時間内での学習量が3倍以上に増えます。なかには、10倍速になる生徒もいます。この「英文速読術」では英語長文を確実に速読できるようにトレーニングします。

「直聞&直読直解法」を学ぶだけでも訳読の5倍のスピードで理解できるようになりますが、これは英米人が普通に読む速さです。この「英文速読術」は英米人がしている速読トレーニングですので、さらにスピードを上げることができます。英米人が普通に読むスピードの3倍(1,000wpm)以上のスピードで理解できるようになります。

よくあるコンピューターによる速読トレーニングとは違い、塾長自らの経験に基づき直接指導するので確実に身につきます。 普段の受験勉強だけでなく、試験のときも長文問題文を速く読むことができるようになり、解答に使える時間が増えるので、あせらずに確実に答えを導き出すことができるようになります。

また、思考するスピードも速くなり、解答を導き出す時間も短縮できるので、時間が足りなくなることもなくなり、逆に時間が余るようになります。

【注意】この「英文速読術」は、英語教育の世界で言う「速読」とは全く別のものです。英語教育界で言う「速読」とは、英文をきちんと理解する「精読」に対する概念で、速く読むために理解度を70~80%に抑える、いわゆる斜め読みや飛ばし読みのことです。つまり、英文をざっと読んで理解して問題に解答するために生まれたもので、センター試験の長文の量が増えた時に英語教育界で誕生した概念です。

(※長文の量が増えたのは、訳読中心の英語教育を直読直解中心のものにするための措置です。直読直解であれば時間内にきちんと読んで解答することが可能なのですが、英語教育の現場では直読直解という概念があまり浸透しておらず、やむなく生まれたのが英語教育界の「速読」という概念です。)

「英文速読術」というのは斜め読みや飛ばし読みとは異なり、英米人がきちんと読むスピード(つまり、直読直解)の3倍以上で読めるようにするトレーニングです。訳読と比べると10倍以上のスピードで読めるようになります。

入試は制限時間内での勝負です。特に、英語は時間が間に合わないという声をよく聞きますが、英文速読術を身につけると余裕で解答できるだけでなく、見直しの時間まで十分に作れるようになります。特に慶応や上智、また各大学の国際関係学部など英語の長文問題が長い大学ではとても有利になります。

国語特別講座(選択講座)/ 学習量が3倍になる日本語速読術

クラス・講座 (曜日)時間 該当学年 講座種別・空席状況
・奇跡の現代文特講 未定 高1~浪人生 オンライン・開講未定
・直読直解のための古典文法 未定 高1~浪人生 オンライン・開講未定
・古文の直読直解法 未定 高1~浪人生 オンライン・開講未定
・学習量が3倍になる日本語速読術 (水)22:00~22:30 高校生・浪人生 空席あり

奇跡の現代文特別講座

「英語塾なのに、現代文?」 という声が聞こえてきそうですが・・・。

日本語で書いてあってもよく理解できない文章が、もし英語で書かれていたとして、はたして理解できるでしょうか?

外国語である英語の長文読解力の前提になるのは、やはり母国語の力なのです。
現代文で点を取るためだけでなく、英語の長文読解力を伸ばすためにも、まずは国語力なのです!

また、例えば数学が苦手な生徒が、国語を伸ばすと数学の成績が伸びることがよくあります。

国語力(言語能力)が欠けているために、授業を理解したり、教科書や参考書を理解することが困難になっているのです。
他の科目、物理や化学、日本史や世界史なども同様です。実は、国語力(言語能力)=思考力なのです。

国語力(言語能力)が伸びると、思考力や理解力が伸び、全ての科目の成績が上がる可能性が出てきます。

塾長が予備校生だったとき、満点を取り続け国語の先生を驚かせた”奇跡の現代文読解法”とは?

英語の先生である塾長の「現代文特講」は、一味も二味も違います。現代文はもちろん、英語の得点源でもあるのです。

高1~高3・浪人生まで全員が対象です。文系も理系も、まずは国語力です。

(※今年度、現代文特別講座の講義予定はありません。)

現代文

驚異の古文特別講座

予備校生のときに、模試で満点を取り続けた国語の古文編です。工業高校に通っていて古文をほとんど学んだことがなかった塾長が、どうやって満点を取れるようになったのか、その秘密を解説します。

いちいち現代語訳をしなくても、古文のまま直接理解できるようにするための学習法(※古文の直読直解法)と、そのために古典文法をどう活用するのか(※直読直解のための古典文法)を徹底解説します。

長い年月の間に自然淘汰され残された古文は名作ぞろいです。時代に関係なく「人間の本質」が描かれていて、どの時代の人が読んでも共感できるので今の時代に残されているのです。古文が読めるようになると人生勉強になるのです。

また、古文単語を学ぶことによって現代文を深く読めるようにもなります。プロの著作者は古典への造詣も深い人が多く、文を書くときに文脈に合う単語を選択して書いているので、古文単語の知識があると現代文でさえも深く味わえるようになるのです。(とは、予備校生だったときの古文の先生の受け売りですが、本当にその通りだと思います。)

というわけで、古文が読めるようになると現代文が深読みできるようになり、現代文が得意になると英語の長文の理解が深まります。「風が吹けば桶屋が儲かる」的な話ですが、古文や現代文が得意になると本当に英語の長文読解力もアップします。

(※今年度、古文特別講座の講義予定はありません。)

古典文法テキスト

学習量が3倍に増える日本語速読術

塾長が受験生のときに習得した速読術を指導します。3倍~5倍の速読力が身につき、同じ時間内での学習量が3倍~5倍に増えます。なかには、10倍速になる生徒もいます。現代文に併設されている、こちらの速読術は、日本語を速読できるようにします。

いわゆる斜め読みや飛ばし読みとは全く異なり、通常の3倍~5倍のスピードで きちんと読んで理解できるようになるトレーニングをします。現代文はもちろんですが、他の科目の学習も速く楽にできるようになります。

よくあるコンピューターによる速読トレーニングとは違い、塾長自らの経験に基づき直接指導するので確実に身につきます。速読ができるようになると、同じ時間勉強しても学習量が全然違ってきます。勉強は教科書や参考書を読むことが多いので、3倍速になるということは同じ時間内での学習量が3倍に増えるということです。

また、普段の受験勉強だけでなく、試験のときも問題文を速く読むことができるようになり、解答に使える時間が増えるので、あせらずに確実に答えを導き出すことができるようになります。

また、思考するスピードも速くなり、解答を導き出す時間も短縮できるので、時間が足りなくなることもなくなり、逆に時間が余るようになります。速読力があると、制限時間内で問題を解かなければならない試験ではとても有利です。

空席情報(オンライン授業・定員18名)

満員御礼 : 満席です。(キャンセル待ちか、講座増設までお待ちください。)
残席若干名 : 残りの空席は1~2名です。定員になりしだい締切ます。
残席少し : 残りの空席は3~4名です。
空席あり : まだ席は余裕があります。
開講予定 : 新設した講座で、これから募集開始です。
募集終了 : 今年度の募集は終了しました。
準備中 : 講座新設の準備中です。

※「英語のまま理解できる直聞&直読直解法」を初めて学ぶ生徒が多いので学年別のクラスではなく、レベル別のクラスです。上級:留学・就活(英検1級レベル)、中級:一般入試(英検準1級レベル)、初級:共通テスト(英検2級レベル)、入門:高校入試(英検準2級レベル)に分かれています。上級生も下級生も一緒に真剣に学びあう雰囲気は他に類のないものです。生徒たちはみんな学年を超えた学習をしています。中高一貫校で高校過程を学んでいる中3生も在籍しています。(※高校受験をする中2・3生も在籍しています。)

※オンライン授業は自宅で受講できるため個別指導とほぼ同様の効果があり、とても集中できるという特徴があります。また塾へ来る往復の時間が必要ないので、時間を有効に活用できます。特に女子生徒は夜遅く帰宅する必要がないので、安心して塾の学習ができます。

※オンライン授業によって、横浜や千葉など遠くから来ていた生徒も塾に来ることなく授業を受けることができるようになりました。また、夏や冬の季節講習しか参加できなかった地方の生徒も、通常授業を受けることが可能になりました。

634k

授業料(税込)のご案内

・長文読解(上級)
・リスニング直解
(就職活動・TOEIC・英検1級対策講座)
授業料(毎月) 2講座 27,500 [必修講座]
(長文上級+リスニング)
・長文読解(中級)
・長文読解(初級)
・リスニング直解
(大学入試・英検準1級 /
 共通テスト・英検2級対策講座)
授業料(毎月) 3講座 35,200 [必修講座]
(長文中級/初級+リスニング)
・長文読解(中級)
・リスニング直解
(大学入試・英検準1級対策講座)
授業料(毎月) 2講座 27,500 [必修講座]
(長文中級+リスニング)
・長文読解(初級)
・リスニング直解
(共通テスト・英検2級対策講座)
授業料(毎月) 2講座 27,500 [必修講座]
(長文初級+リスニング)
・長文読解(入門)
・リスニング直解
(高校入試・英検準2級対策講座)
授業料(毎月) 2講座 27,500 [必修講座]
(長文入門+リスニング)
・長文読解(入門)
(高校入試・長文対策講座)
授業料(毎月) 1講座 18,700 [必修講座]
(長文入門)
・直聞&直読直解のための認知英文法 授業料(毎月) 1講座 18,700 [選択講座]
国語特別講座
・現代文読解
・古典文法
・古文読解
授業料(毎月) [選択講座]
1講座 18,700
2講座 27,500
3講座 35,200
・学習量が3倍に増える英文速読術 授業料(毎月) 6,600 [選択講座]
・学習量が3倍になる日本語速読術 授業料(毎月) 6,600 [選択講座]
※教材費(半期分) 6,600(前期・後期に分納)
※入塾金(入塾時) 22,000(入塾する時に納入)

※高校生・浪人生は大学受験対策の「リスニング直解+長文読解(中級/初級)」が必修講座です。大学生は就職活動のTOEIC対策として「リスニング直解+長文読解(上級)」が必修講座です。中3は高校受験対策の「長文読解(入門)」が必修講座です。

※「認知英文法演習」・「英単語記憶術」「現代文読解」・「古典文法」・「古文読解」・「英文速読術」・「日本語速読術」選択講座です。

※オンライン英語塾になり教室が不要になりました。スモールオフィスに移転し賃貸料が減額できたので、毎月の授業料(リスニング+長文読解)が33,000円(税込)だったのですが、27,500円(税込)へと5,500円(税込)安くなりました。

※兄弟割引(兄弟姉妹で一緒に受講)、紹介割引(塾の卒業生からの紹介)があります。

また、とてもお得な一括割引(授業料の年間一括、または半期一括で納入)もあります。但し、一括割引の場合は原則として万一途中退塾されても返金できません。(病気・ケガ等で入院し長期にわたり学習の継続が困難な場合を除きます。)(※詳細は面接のときにお尋ねください。)

「大学合格実績」の ページの最後に、お得なお知らせがあります。ぜひ、ご覧ください。

★入塾するには?

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染予防対策として、武蔵ゼミナール大学受験英語塾は「オンライン授業」を実施しています。

 

まず、入塾面接(オンライン)と、授業体験(無料)を受けてください。(要予約)

※入塾面接はオンライン(Google Meet)で行います。当日、面接開始時刻に会議コードを送付しますので、クリックしてお入りください。もしコードが届かない場合は迷惑メールに入ってないか確認をお願いします。

(※授業体験は平常授業時に実施します。但し、季節講習では実施しません。)

 

1.入塾面接の日時をネット予約してください。

2.詳しい面接によって授業内容を理解します。

3.授業体験(無料)に約1~2週間参加します。

4.保護者と相談の上で入塾を決定しましょう。

5.入塾の意志を確認して、手続きを取ります。

 

※申し訳ありませんが授業中、または面接・出張・研修等のため電話に出れないことがあります。

※下の入塾面接予約はこちら】で、24時間いつでもネット予約ができますのでご利用ください。

634seminar (9)