武蔵ゼミナール
オフィシャルブログ

カテゴリー別アーカイブ: Topics

英語の学習維新(3) 直解のための認知英文法

634seminar(1)

「英語の学習維新(1) 直聞&直読直解法(1)」「英語の学習維新(2) 直聞&直読直解法」に続いて「英語の学習維新(3) 直解のための認知英文法」について述べます。

皆さんは「認知英文法」というのをご存じですか?中学・高校などで一般的に勉強している、いわゆる「学校英文法」とは異なり英米人の潜在意識の中にある実践的な「使える英文法」のことです。当塾ではネイティブが英語を使う際に無意識に活用している英語の認知文法を指導しています。

私たち日本人は、国語の教師でない限り、知識としての日本語の文法をあまり知らないですよね。でも日本語は使いこなしています。これは潜在意識の中に「使える日本語の文法」があるからで、無意識にこのルールを活用して日本語を使いこなしているのです。この無意識のうちに使える文法のことを日本語の認知文法と言います。

同様に、一般の英米人も文法の理論的な知識はあまりないのですが、英語の「認知文法」が備わっているので英語を使いこなすことができます。従って、私たち日本人もリスニングや長文読解をできるようにするには「認知英文法」の習得が不可欠なのです。

「認知英文法」の授業では文法問題を解くための知識だけの「学校英文法」ではなく、英語のまま理解する直聞&直読直解のための実践的な「認知英文法」の講義と演習をします。認知英文法を習得することで直聞&直読直解によるリスニングも長文読解も盤石になり、さらに伸びます。文法問題でさえ確実に解けるようになります。

具体的には、「現在完了は実は1つだった!」「条件文としての if の使い方」などがあります。現在完了は学校英文法では「経験」「継続」「完了・結果」の3つの用法を学習しますが、この3つの用法に共通している1つの大原則を学びます。この大原則を学習すると、全ての用法がつながって現在完了を理解しやすくなります。過去完了も未来完了も基本的には同じルールなので、完了時制そのものが簡単に習得できるようになります。

また、仮定法は学校英文法では仮定法過去(現在の反事実)と仮定法過去完了(過去の反事実)を学習しますが、仮定法ではなく条件文としての if の使い方を現在・過去・未来と3時制に渡って学びます。実はイギリス留学時に、目から鱗が落ちるような授業を見学したことがあります。その授業では仮定法としてではなく、条件文として if をどのように使うかを説明していたのです。

その他にも、関係代名詞や関係副詞を学ぶときには実用的な観点から代名詞や副詞としての本質を学習したり、受動態を学ぶときには能動態との本質的な違いを学習します。文法理論を丸暗記する学校英文法とは異なり、実用的な観点から本格的に使える英文法を習得する「認知英文法」の授業は塾生たちにもとても好評です。

よくある文法のための文法になりがちな理論型の「学校英文法」では、長文を読むのにあまり役に立たないばかりか、文法問題を解くのにも苦労することがよくあります。文法問題を解くためのテクニックに走りすぎ、英文法をただの知識として表面的にしか捉えてないために起きるのです。文法問題を解くにも「認知英文法」を学んで根本的に英語のルールを習得する方が確実なのです。

訳さずに長文を理解するための実用的な「認知英文法」の講座では、長文を読むのに欠かせない受験生必修の「使える英文法」を根本的に理解できるように学習します。実は、訳読には「学校英文法」はあまり役に立ちません。というのは、きれいに訳すために必要なのはむしろ日本語の能力だからです。

訳すことなく長文を理解するための直聞&直読直解こそ、本物である「認知英文法」の根本的な理解が必要です。そして根本的に理解できると、文法問題さえもすらすらと解けるようになります。実際、予備校などでよくあるテクニック的なものは必要ありません。これ1つで長文読解も文法問題も十分です。不要な講座を取って、負担を増やすことは、受験生は避けたほうが時間を有効に活用できます。

認知英文法は選択講座です。必修講座の直聞&直読直解法を学習する高校生・浪人生が対象ですが、英語の仕組みを早く知りたい中3も受講しています。英語を成り立たせている実用的な「認知英文法」の仕組みはこんなに面白いのかと、塾生たちにとても評判の良い講座です。

https://www.english634.com
★武蔵ゼミナール大学受験英語塾

英語の学習維新(2) 直聞&直読直解法

リスニング_R

「リスニング対策は驚くほどゆっくり聞こえる直聞直解法で!」

旧センター試験の配点は発音・アクセント、英文法、長文読解などのペーパーテストは200点、リスニングは50点でしたが、昨年から始まった共通テストの配点は、ペーパーテストはリーディング(長文読解)だけになって100点、リスニングの配点はセンター試験の2倍の100点に変わりました。リスニングの比重が増して実質4倍になっていますが、この対策はしっかりできていますか?

塾を訪れるほとんどの高校生がリスニングを苦手にしています。高校ではリスニングテストの十分な対策ができていないようです。

当塾ではアメリカのTVのニュースを教材に使用していますが、最初は誰も聞いて理解することはできません。でも、リスニング直聞直解法を始めて3か月も経つと聞いて理解できるようになります。しかも、ゆっくりと聞こえるのです!訳すことなく英語のまま直接理解できるようになるのです。

高校生の訳読の平均速度は75wpmです。共通テストのリスニングは約140wpmで放送されていて、語順も日本語とはほとんど逆なので、聞こえないのも無理はありません。(※wpmとは words per minutes の略で、1分当たりに理解する単語数のこと。)

アメリカのTVのニュースは約180wpmです。塾生たちには、英語ニュースでさえゆっくりと聞こえるようになるので、共通テストのリスニングは楽勝なのです。中には「共通テストのリスニングは遅いね!」とすら言っている生徒もいるくらいです。

リスニングが確実にできるようになると長文読解も当然のことながら変わります。訳すために返り読みしていたのが、英語のまま直接前から読んで理解できるようになります。

また、日本語でも音読よりも黙読の方が速いですよね。塾では英語ニュースのリスニングができるようになったら、今度は黙読のスピードを上げるトレーニングをします。その結果として、訳読(約75wpm)の約5倍まで読解スピードが上がります。これはネイティブ並みの黙読スピードで、当然のことながら英語の偏差値は大幅に上昇します。

このように書くと何か難しいことをやっているのではと思うかもしれませんが、実は訳読よりも直聞&直読直解の方がはるかに簡単に習得できるのです。今まで難しく感じていた英語が信じられないほど楽に簡単に習得できるようになります。

実は塾長の私自身がこの方法で、苦手だった英語の偏差値を28から72まで上げて慶応大学に合格しました。慶応大学文学部の約10ページある超長文をたった10分で読んで、入試当日自分でもとても驚きました。そして塾生たちの多くも同じく10分~15分位で読んで文学部の後輩になっています。

また、偏差値26から立教大学、32から早稲田大学、38から明治大学、42から東大に合格した生徒もいます。他にも偏差値を15以上アップして、夢でしかなかった憧れの難関大学に合格した生徒が沢山います。

訳読法で英語の成績がなかなか上がらず困っている全国の高校生・浪人生の皆さん、私たちと一緒に「英語のまま理解できる直聞&直読直解法」を学びませんか?全国どこでもオンライン授業を自宅で受講できます。

https://www.english634.com
★武蔵ゼミナール大学受験英語塾

英語の学習維新(1) 直聞&直読直解法

634seminar(1)

「えっ、まだ訳してるの?英語のまま理解できるのに・・・」

昨年からセンター試験に代わって大学入学共通テストが始まり、1月に2回目が終わりました。

英語の配点はリスニングが100点、文法・発音問題がなくなり長文読解だけになったリーディングは100点の合計200点になりました。

従来の訳読法ではリスニングはなかなかできるようにはなりません。理由の一つは高校生が英語を理解するスピードは平均して約75wpmなのに対して、リスニングは約140wpmで放送されているからです。もう一つは英語と日本語の語順が違うために英語が流れてくる順番に理解できないからです。(※wpmとは words per minute の略で、1分間に理解できる単語数のこと。)

またリーディングも時間内に終わらせるのはほぼ不可能です。昨年の共通テストは総単語数は約5,500語、今年はさらに増えて約6,000語です。来年はさらに増える可能性があります。高校生の75wpmでは読むだけで制限時間の80分を使ってしまい、解答する時間が取れないのが現状です。

「直聞&直読直解法」なら英語のまま理解できるようになるので、リスニングもリーディングも訳読法の約5倍(375wpm)の速さでできるようになります。訳すことなく直接理解できるようにトレーニングするので、アメリカ人やイギリス人と同等のスピードで理解が可能なのです。

例えば、リスニング直聞直解法の授業ではアメリカのTVのニュース(約180wpm)を教材にしていて、ゆっくりと聞いて理解できるようになります。共通テストのリスニングは約140wpmなので、当塾の生徒にとっては楽勝なのです。

長文直読直解法の授業ではネイティブ並みのスピードで理解できるようになるので、当然のことながら英字新聞や英語の本もすらすら読めるようになります。共通テストのリーディングも約30分で2回読めるので、残りの約50分を解答にあてることができるようになります。

英語を本当にできるようにしたいなら、今すぐ従来の訳読法から直聞&直読直解法に切り替えるべきです。英語のまま直接理解できるようにするというと何やら難しく感じるかもしれませんが、実は直聞&直読直解の方が訳読よりもはるかに簡単に習得できるのです。

訳読に代わる新たな英語学習法「直聞&直読直解法」で、私自身が苦手だった英語の偏差値を28から72まで上げて、夢でしかなかった慶応大学に合格しました。偏差値26から立教大学、32から早稲田大学、38から明治大学、42から東大に合格した卒塾生もいます。他にも偏差値を15以上アップさせて夢だった難関大学に合格した卒業生がたくさんいます。

教材が新しくなって2022新年度の授業がスタートしました。全国の英語が苦手な高校生の皆さん、オンライン授業で一緒に「英語のまま理解できる直聞&直読直解法」を学習しませんか?従来の訳読法でなかなか成果が上がらなかった生徒さんは、直聞&直読直解法を試してみてください。驚くほど楽に学習でき、飛躍的な成果を実感できます。

https://www.english634.com
★武蔵ゼミナール大学受験英語塾

高3の皆さん、あと250日で共通テスト!

634seminar(1)

高3の皆さん、大学入学共通テストまで残り250日です。

30年以上前にある画期的な英語学習法の指導を開始しました。当時は予備校全盛の時代。学習塾で本格的な大学受験はあまりされてない頃に初年度から早慶上智やGMARCHなどの難関大学に合格者を出し、この画期的な英語学習法は超人気講座になりました。

10年以上前、インターネットが普及し始めた頃にホームページを開設しました。それまで地元密着型だった英語塾に異変が起きました。都内はもちろん、遠く千葉や横浜、さいたまなどから生徒が集まり出しました。一番遠い生徒は授業が終わって帰宅すると日付が変わっていました。インターネットの普及により、首都圏で通塾可能な範囲(片道約2時間半以内)で超人気講座になっていきました!

そして2年前、新型コロナ禍で夜間の外出に制限がかけられ千葉や横浜など遠方の生徒が通塾出来なくなり、オンラインによるライブ授業(生放送)がスタート。驚いたことに今度は全国から生徒が集まり始めました。

塾長自身、中学のときから英語がとても苦手でした。工業高校1年の2学期には0点を取り、成績は1でした。英語は全然できなかったのです。専門学校を卒業し国家資格を取り、しばらく別の仕事をしていました。順調でしたが、大病して離職を余儀なくされました。

その後20代前半で大学を目指しました。大学受験は無謀な挑戦でした。昔から苦手だった英語の模試の偏差値は28でした。高校の時、野球部だったので早慶戦にあこがれ迷うことなく早慶を志望したのですが、予備校からはもっと現実を見るようにと・・・

猛勉強に次ぐ猛勉強をしました。その結果、英語の偏差値を72まで上げて夢でしかなかった第1志望校・慶応大学文学部に合格!その驚異の学習法が「英語のまま理解できる直聞&直読直解法」です。

「英語のまま理解できる直聞&直読直解法」はリスニングも長文読解も日本語に訳すことなく英語から直接理解できるようになり、大学受験だけでなく将来使える本格的な英語力を育てます。中学・高校でされている従来の「文法訳読法」とは180度異なる画期的な、超人気の英語学習法です。

・・・・・・・・・・・

共通テストのリスニングは140wpmで流れてきます。(※wpmとは words per minute の略で、1分間に理解できる単語数のこと。)訳読する高校生が英語を理解するスピードは平均75wpmなので、聞いて理解するのはほぼ不可能です。リスニング直聞直解法ではアメリカのTVの英語ニュース(約180wpm)がゆっくり聞こえるようになるので、共通テストは余裕で解答できます。

また、共通テストのリーディングの総単語数は約6,000語です。訳読する生徒(約75wpm)は制限時間の80分では1回読むだけで時間がなくなり、解答までできません。長文直読直解法は訳読の5倍(約360wpm)のスピードで理解できるようになるので、約30分で2回読んで、残りの時間で解答と見直しまで余裕でできるようになります。

・・・・・・・・・・・

塾長自身が英語の偏差値を28から72まで上げて、夢でしかなかった第1志望校・慶応大学文学部に合格した驚異の英語学習法を指導して、偏差値26から立教大学、32から早稲田大学、38から明治大学、42から東京大学に合格した卒塾生たちがいます。他にも英語が苦手な多くの塾生たちが偏差値を15以上UPし得意科目にして、夢でしかなかったあこがれの志望大学へ合格を果たしています。

塾長1人で教えているとっても小さな英語塾なので、毎年の合格実績は大手予備校と比較すると大したことはありません。でも、苦手な英語を得意に、超得意にできる指導法はどこにも引けを取りません。30年以上前に指導を開始してから通算で、早慶上智に600名以上、GMARCHに1,000名以上の合格者を出してきました。

英語が苦手で困っている高校生・浪人生の方、ぜひ「英語のまま理解できる直聞&直読直解法」の授業体験をしませんか?時間割等は公式HPの時間割・授業料のページをご覧ください。

★入塾面接のお申し込み
①メールで面接の日時を予約してください。
②面接で詳しく授業の説明をした後で、授業体験のスケジュールを組みます。
③授業体験の後、入塾の申込を受け付けます。

※各講座とも、定員になりしだい〆切ます。お早めに申込ください!
(小さな塾ですので万一定員になりましたら、申し訳ありませんが、
キャンセル待ちをしていただくことになります。)

武蔵ゼミナール・大学受験英語塾 https://www.english634.com

将来使える本格的な英語力を習得しよう!

塾テキスト_R

センター試験から大学入学共通テストになって英語はリスニング100点+リーディング100点の合計200点になり、リスニングテストの配点の比率が上がりました。大学入試だけでなく高校入試も、全国の公立高校の入試においてリスニングテストの配点の比率は年々アップしています。

これは実用的な英語力の習得のために、文部科学省が本気で英語教育の改革に乗り出しているからです。国が従来の使えない「文法訳読法」から脱却して、将来使える本格的な英語力を習得できる「直聞&直読直解法」に切り換えようとしているからなのです。

明治時代の初めにわが国の英語教育には「正則教授法(=直読直解法)」と「変則教授法(=訳読法)」の2種類の指導法がありました。最初の官立大学である東京大学では「正則教授法」、慶応や早稲田などの私学では「変則教授法」で指導されていました。

大学教育の伝統がなかった日本に大学を作るために、英米から教授陣を招いて官立の東京大学が設置されました。そのため東京大学で学ぶには英語を使える必要があったのです。だから当時、東京大学に入るために正則英語(=直読直解法)を指導する塾がありました。この塾で学んだ人たちは、とても英語が達者であったという記録も残されています。

一方、慶応や早稲田などの私学には英語のテキストはありましたが、英米人ではなく日本人が教えていました。それで変則英語(=訳読法)で十分間に合ってたという事情がありました。私学では英語を話す必要はなかったのです。

ところが、明治時代の後期に東京大学に日本人の教授が誕生しました。またテキストの翻訳に成功しました。(これは快挙でした!なぜならアジアの多くの国々では大学レベルの高度な教育を母国語ではできず、英語で実施しているからです。このことが現代に皮肉な結果を招くことになるのですが・・・)以後、東京大学でも正則英語(=直読直解法)は必要なくなり、だんだん変則英語(=訳読法)に切り換わっていきました。

昭和に入り太平洋戦争が始まると敵国の言語である英語の使用も教育も禁止されていきました。長きにわたって英語教育が途絶えた結果、「正則教授法」や「変則教授法」という言葉すら忘れ去られて、圧倒的に多かった訳読法の先生たちによって戦後の英語教育が復活していきます。

昭和39(1964)年の最初の東京オリンピック、昭和45(1970)年の大阪万国博覧会、昭和47(1972)年の札幌冬季オリンピックと国際的なイベントが続く中、何度も英会話ブームが起きます。一方で、中学・高校と6年間も英語を勉強しているのになぜ英語が話せないのかということも度々指摘されるようになります。

皮肉なことに、明治時代の後期に快挙だったはずの翻訳の成功が、逆にグローバル時代を迎えた今の日本を苦しめています。英語を話せない日本人は、能力があるにも関わらず多くの国際会議であまり発言ができません。また多国籍企業では英語を社内公用語にしているケースが多いのですが、日本人の社員は社内会議で書類を読むのが遅くて支障が出たり、十分な発言ができないと言われています。

日本人の英語力は国際的にみてとても低いのが現状です。英語能力のベンチマーク(指標)として知られる「EF EPI英語能力指数」2021年版 世界ランキングでは、112の国や地域の中で78位です。大学教育を英語で実施しているアジア各国の方が上位にいます。日本は英語力が「低い」グループにいて、具体的には「同僚とスモールトークができる」程度なのです。先進国の中では断トツで最下位です。

そして現在、従来の伝統的な「文法訳読法」では話せるようにはならないということがだんだん分かってきて、実用的な「直聞&直読直解法」に切り換えようということで、文部科学省の主導で大学入試や高校入試の改革が行われリスニングテストの比重が高まったのです。そのことを生徒本人や保護者の方々は知っておく必要があります。

しかし、英語教育の現場ではあまり改革が進まず、いまだに「文法訳読法」が主流なのです。高校生が英語を理解するスピードは約75wpmです。(※wpmとは words per minute の略で、1分間に理解できる単語数のこと。)文法訳読法では今の大学入試や高校入試は戦えないのです。

共通テストのリスニングは約140wpmで放送されています。また、リーディングの総単語数は約6,000語あります。75wpmでは1回読むだけで制限時間の80分を要し問題を解くことができません。公立高校の入試もほぼ同様です。これでは「文法訳読法」で指導された中学生や高校生たちにどうやって入試を戦えと言うのですか?

英語で困っている全国の中学生や高校生の皆さん、当塾独自の「英語のまま理解できる直聞&直読直解法」で学び直しませんか?オンラインによるライブ授業(生放送)を全国どこでも自宅で受講できます。この学習法は明治時代の初期に「正則教授法」と呼ばれていた、英語を使えるようにするための学習法です。明治時代の後期にほぼ消滅した英語学習法「直聞&直読直解法」が150年の時を経て当塾で復活しています。訳読法の5倍のスピードで英語を理解できるようになります。詳しくはホームページをご覧ください。

(※全国英語直聞&直読指導研究会の会員校である埼玉県本庄市の大地学習塾川越市の志学ゼミ川越校では「英語のまま理解できる直聞&直読直解法」の対面授業を受講できます。お近くの方はぜひご利用ください。)

武蔵ゼミナール大学受験英語塾 https://www.english634.com

 

驚異的な速さ!訳読の5倍速で理解する直聞&直読直解法

634seminar(1)

「英語は好きだけど、成績はあまり・・・」

「他の科目はできるけど、英語だけが・・・」

「英文法はできるけど、長文読解になると・・・」

「長文は何とか読めても、リスニングとなると・・・」

「中間・期末の英語はできるけど、実力テストになると・・・」

あなたも英語の勉強でこんな悩みがありませんか? でも絶対にあきらめないでくださいね。今までの常識を打ち破った 「英語のまま理解できる直聞&直読直解法」と「直聞&直読直解のための認知英文法」で英語の学習法が180度変わります。

従来の訳読法の約5倍速(約360wpm)のスピ-ドで、リスニングも長文も日本語に訳さずに英語のまま直接理解できるようになります。(※wpmとは words per minute の略で、1分間に理解できる単語数のこと。)本格的な英語力が身につきネイティブ並みのスピードで理解できるので、将来仕事でも英語を使うのに困らなくなります。

どんなに英語が苦手な生徒でも、英語ニュース(約180wpm)がゆっくりと楽々聞こえるようになり、英語の本も楽しんで何冊も読めるようになります。

共通テストのリスニングは約140wpmで放送され、リーディングの総単語数は約6,000語です。高校生の訳読のスピードは平均75wpmですので、リスニングはほとんど理解できません。リーディングは読むだけで制限時間の80分を使ってしまうので解答する時間が取れません。

「英語のまま理解できる直聞&直読直解法」を習得すると、訳読(約75wpm)の約5倍(ネイティブ並み)のスピードで理解できるようになるので、共通テストのリスニングも長文読解も楽々できるようになります。

誰にでもできる簡単な方法で、飛躍的に英語のまま理解する 「英語脳」 が育ち成績に反映します。英語が苦手だったのが「超得意」になり、大好きになります。「英語のまま理解できるリスニング直聞直解法&長文直読直解法」と「直聞&直読直解のための認知英文法」なら、大学入試だけでなく就職にも強い「本物の使える英語力」が身につきます。

本格的な英語力が身についたら、どんなことをしてみたいですか?「洋画を字幕なしで見たい。」「洋書を読んでみたい。」「インターネットで世界中の情報に触れたい。」などなど。英語ができるようになると、今よりもできることが確実に増えてきます。ただ英語の成績が上がるだけでなく、英語を使っていろいろなことができるようになります。

先ずは3か月で英語の偏差値15UPの「リスニング直聞直解法&長文直読直解法」と「直聞&直読直解のための認知英文法」で、 信じられないほど実力が伸び、憧れの志望校に合格します!塾長自身が英語の偏差値を28から72まで上げて、夢だった慶応大学文学部に合格した経験があります。

その経験をもとに指導した結果、偏差値26から立教大学、32から早稲田大学、38から明治大学、42から東京大学に合格した生徒が出ています。他にも偏差値を15以上アップして夢でしかなかった憧れの志望校合格を現実にした生徒が沢山います。

そして、大学合格だけでなく、洋画を字幕なしで見たり、洋書を読んだり、インターネットで世界中の情報に触れたりすることができるようになります。将来、ますます広がるグローバル社会に適応し自分の世界を広げることができるようになります。英語の受験勉強をしながら、大学受験はもちろん将来使える英語力を獲得できるのです。

独自の「英語のまま理解できる直聞&直読直解法」という授業のため、かつては東京23区内はもちろん、横浜や千葉、さいたま等からも生徒たちが通ってきました。また、毎年春・夏・冬の季節講習には全国から学びに来ていた塾です。今は授業のオンライン化により、全国どこでも自宅にいながらにして塾の授業を受けられるようになりました。

英語が苦手な全国の高校生・浪人生の方、一緒に武蔵ゼミナール大学受験英語塾で受験だけでなく、将来使える本格的な英語力を習得しませんか?

武蔵ゼミナール大学受験英語塾 https://www.english634.com

「えっ、まだ訳してるの? 英語のまま理解できるのに・・・」

634seminar(1)

「えっ、まだ訳してるの? 英語のまま理解できるのに・・・」当塾独自の「直聞&直読直解法」なら、訳すことなく英語から直接理解できます! リスニング&長文読解に強い武蔵ゼミナール大学受験英語塾は、英語が苦手な高校生・浪人生のための大学受験の英語専門塾です。

英語を訳して勉強している高校生がほとんどだと思いますが、彼らが英語を理解するスピードは平均75wpmです。(※wpmとは words per minute の略で、1分間に理解できる単語数のこと。)

共通テストのリスニングは140wpm。理解できる速さの2倍で流れてくるので、ほとんどの高校生はきちんと聞き取ることは不可能なのです。

日本語で考えてみてください。自分が理解できるスピードの2倍の速さで話されたら、はたして理解できるでしょうか?

また、共通テストのリーディングの総単語数は約6,000語です。訳読する生徒は読むだけで80分かかります。試験時間は80分なので、訳読していては解答する時間が取れないのです。

実は、文部科学省の英語教育の方針が将来使える英語に、つまり訳読から直部&直読直解にシフトチェンジしたために、訳読では太刀打ちできない問題量になっているのです。入試の英語は従来のように受験テクニックで何とかなるものではなくなり、本格的な英語力が要求されるようになったのです。

訳読法は時代遅れの英語教育になってしまったのです。にもかかわらず教育現場では相変わらず訳読が主流なのです。塾を訪ねてくる生徒で、英語のまま理解できる者はほとんどいません。皆何とか訳して理解しようとしているのです。

でも、入試は訳すことを要求していません。英語のまま理解することを要求しているのです。生徒本人も保護者の方も、英語の試験で要求される能力が根底から変わってしまったことに気づいていないのです。目を覚ましてください!従来の訳読法ではどうすることもできないのです。

昨年、センター試験から共通テストになって一番変わったのは英語です。ペーパーテストは文法・発音・アクセント問題がなくなってリーディングだけになり、設問もすべて英語になりました。配点は200点から100点になりました。

リスニングテストは2回読まれていたのが1回しか読まれなくなる問題もあり著しく難化しました。配点も50点から100点になり、リスニング能力がより重視されるようになったのです。

「英語のまま理解できる直聞&直読直解法」は、塾長が受験生のときに苦手だった英語の偏差値を28から72まで上げて第一志望校・慶應義塾大学に合格した経験を活かした逆転合格のための英語学習法です。

本物の活きた英語力を習得して、偏差値26から立教、32から早稲田、38から明治、42から東大など、偏差値を15以上アップして憧れの難関大学に合格した先輩が沢山います。

武蔵ゼミナール大学受験英語塾では、33年前に教え始めた時から一貫して「英語のまま理解できる直聞&直読直解法」を指導しています。本格的な英語力を身につけた卒塾生たちは世界中で活躍しています。

しかし、リスニングテストがまだなかったとき、そして長文といっても今より短くて訳読でも何とかなっていたとき「本格的な英語力なんかいいから、とにかく訳せるようにしてくれ!」「使える英語力よりも、まずは入試だ!」などと生徒本人からも保護者の方からも言われたこともありました。

ようやく時代が、先進的に「英語のまま理解できる直聞&直読直解法」を指導してきた当塾に追いついてきました。国が、文部科学省が、使える英語を目指して英語教育の方針を変えたのです。そのことが共通テストに反映しています。生徒本人も保護者の方もまだまだ気づいてない人が多いのですが、早く気がついて欲しいのです。従来の訳読法は、もう時代遅れだということに!

「共通テストのリスニングが心配で・・・」
⇒当塾で1番人気がある「リスニング直聞直解法」は訳すことなく英語のまま直接聞いて理解できるようになります。180wpmで放送されているアメリカのCNNニュースを教材にしてトレーニングしているので、140wpmの共通テストのリスニングは楽勝です。

「英語の長文読解が苦手なんだけど・・・」
⇒当塾オリジナルの「長文直読直解法」なら、訳読の5倍(ネイティブと同等)のスピードで英文が読めるようになります。共通テストのリーディングで問題文を2回読んでも約30分しかかからず、残りの時間を解答と見直しに充てることができるようになります。

※詳細は公式ホームページをご覧ください。
https://www.english634.com/

直聞&直読直解法を指導して33年
★武蔵ゼミナール大学受験英語塾

塾・習い事紹介サイト「テラコヤプラス」から取材

武蔵ゼミナール_kv_R
塾・習い事の紹介サイト「テラコヤプラス」に取材を受け、【武蔵ゼミナール大学受験英語塾を取材!英語を苦手な人にこそ試して欲しい「直聞&直読直解法」とは?】という記事を書いていただきました。
▼記事URL
▼テラコヤプラスTOPページURL
ある日の午後、授業の準備をしていたら「テラコヤブラス」というところから電話がかかってきました。
「ホームページを拝見しました。とても興味深い取り組みをされているので、取材をしたいのですが・・・」とのこと。
正直なところ、テラコヤブラスというのを知らなかったので「失礼ですが、どのような会社ですか?」と尋ねると、「お子さまの塾や習い事選びを様々な角度から紹介しています。習い事選びの決め手となる料金や講師情報、口コミ情報を集めた総合メディアです。」とのこと。後日、取材担当の方からも丁寧なご挨拶と段取りの説明を受けました。
・・・・・・
過去にも地域メディアのミニコミ誌やミニFM局をはじめとして、マスメディアの新聞や雑誌、テレビ、ラジオからも取材を受けたことがあります。10年以上も昔でネットが発達する前のことです。まだ塾のホームページもなかった頃です。
当時はどうやって塾のことを知ったのか分からないのですが、普通の塾と違って面白い取り組みをしているということで「受験サクセス講座」や「合格宝地図セミナー」の取材を受けたことがあります。とても久しぶりの取材で、しかも今回はメインの「英語のまま理解できる直聞&直読直解法」についての取材ということで非常に楽しみでした。
・・・・・・
当日、取材担当のインタビュアーの方は海外経験が長く英語も堪能な方でした。「英語が苦手で困っている高校生や浪人生に大学受験のためだけでなく、グローバルな時代に視点を変えて将来使える本物の英語を習得して欲しいし、またそのような授業をしている」という当塾の主張をよく理解していただけて、とても話しやすかったです。
聴かれたことに対して思いつくままに前後の脈絡もなく語っていたのですが、さすがは記者さん様々な紹介記事を手掛けているだけのことはあって、とても分かりやすくまとめていただきました。
この記事を読めば、ホームページの中をあちこち見るよりも当塾のことがよく分かります!ぜひご覧ください。
▼記事URL
武蔵ゼミナール大学受験英語塾 https://www.english634.com/

高3の皆さん、あと255日で共通テスト!

634seminar(1)

高3の皆さん、大学入学共通テストまで残り255日です。

30年以上前にある画期的な英語学習法の指導を開始しました。当時は予備校全盛の時代。学習塾で本格的な大学受験はあまりされてない頃に初年度から早慶上智やGMARCHなどの難関大学に合格者を出し、この画期的な英語学習法は超人気講座になりました。

10年以上前、インターネットが普及し始めた頃にホームページを開設しました。それまで地元密着型だった英語塾に異変が起きました。都内はもちろん、遠く千葉や横浜、さいたまなどから生徒が集まり出しました。一番遠い生徒は授業が終わって帰宅すると日付が変わっていました。インターネットの普及により、首都圏で通塾可能な範囲(片道約2時間半以内)で超人気講座になっていきました!

そして2年前、新型コロナ禍で夜間の外出に制限がかけられ千葉や横浜など遠方の生徒が通塾出来なくなり、オンラインによるライブ授業(生放送)がスタート。驚いたことに今度は全国から生徒が集まり始めました。

塾長自身、中学のときから英語がとても苦手でした。工業高校1年の2学期には0点を取り、成績は1でした。英語は全然できなかったのです。専門学校を卒業し国家資格を取り別の仕事をしていました。順調でしたが、大病して離職を余儀なくされました。

その後20代前半で大学を目指しました。大学受験は無謀な挑戦でした。昔から苦手だった英語の模試の偏差値は28でした。高校の時、野球部だったので早慶戦にあこがれ迷うことなく早慶を志望したのですが、予備校からはもっと現実を見るようにと・・・

猛勉強に次ぐ猛勉強をしました。その結果、英語の偏差値を72まで上げて夢でしかなかった第1志望校・慶応大学文学部に合格!その驚異の学習法が「英語のまま理解できる直聞&直読直解法」です。

「英語のまま理解できる直聞&直読直解法」はリスニングも長文読解も日本語に訳すことなく英語から直接理解できるようになり、大学受験だけでなく将来使える本格的な英語力を育てます。中学・高校でされている従来の「文法訳読法」とは180度異なる画期的な、超人気の英語学習法です。

・・・・・・・・・・・

共通テストのリスニングは140wpmで流れてきます。(※wpmとは words per minute の略で、1分間に理解できる単語数のこと。)訳読する高校生が英語を理解するスピードは平均75wpmなので、聞いて理解するのはほぼ不可能です。リスニング直聞直解法ではアメリカのTVの英語ニュース(約180wpm)がゆっくり聞こえるようになるので、共通テストは余裕で解答できます。

また、共通テストのリーディングの総単語数は約6,000語です。訳読する生徒(約75wpm)は制限時間の80分では1回読むだけで時間がなくなり、解答までできません。長文直読直解法は訳読の5倍(約360wpm)のスピードで理解できるようになるので、約30分で2回読んで、残りの時間で解答と見直しまで余裕でできるようになります。

・・・・・・・・・・・

塾長自身が英語の偏差値28を72まで上げて、夢でしかなかった第1志望校・慶応大学文学部に合格した驚異の英語学習法で、偏差値26から立教大学、32から早稲田大学、38から明治大学、42から東京大学に合格した卒塾生たちがいます。他にも英語が苦手な多くの塾生たちが偏差値を15以上UPし得意科目にして、夢でしかなかったあこがれの志望大学へ合格を果たしています。

塾長1人で教えているとっても小さな英語塾なので、毎年の合格実績は大手予備校と比較すると大したことはありません。でも、苦手な英語を得意に、超得意にできる指導法はどこにも引けを取りません。30年以上前に指導を開始してから通算で、早慶上智に600名以上、GMARCHに1,000名以上の合格者を出してきました。

英語が苦手で困っている高校生・浪人生の方、ぜひ「英語のまま理解できる直聞&直読直解法」の授業体験をしませんか?時間割等は公式HPの時間割・授業料のページをご覧ください。

★入塾面接のお申し込み
①メールで面接の日時を予約してください。
②面接で詳しく授業の説明をした後で、授業体験のスケジュールを組みます。
③授業体験の後、入塾の申込を受け付けます。

※各講座とも、定員になりしだい〆切ます。お早めに申込ください!
(小さな塾ですので万一定員になりましたら、申し訳ありませんが、
キャンセル待ちをしていただくことになります。)

武蔵ゼミナール・大学受験英語塾 https://www.english634.com

リスニング直聞直解法

リスニング_R

高校生の訳読のスピードは平均75wpmです。(※wpmとは words per minute の略で、1分間に理解できる単語数のこと。)共通テストのリスニングは約140wpmで放送されているので、高校生の多くはリスニングにとても苦労しています。

武蔵ゼミナール大学受験英語塾のリスニング直聞直解法の授業では、テキストに「CNNニュース・リスニング」(朝日出版社)のシリーズを使用しています。「リスニング直聞直解法」というのは、日本語に訳すことなく英語のまま直接聞いて直接理解できるようにする当塾独自の学習法です。独自の3ステップで英語のニュースでさえゆっくりと楽々聞こえるようになるので、共通テストのリスニングは楽勝です。

CNNはネイティブスピーカーを対象に制作されているニュース番組でニュースキャスターの英語のスピードは約180wpmです。共通テストのリスニングは140wpmなので、英語ニュースが聞こえるようになった塾生たちの耳にはとてもゆっくり聞こえるのです。

人間の耳の可聴領域は20~20,000ヘルツ。言語によって周波数帯が異なっていて日本語は125~1,500ヘルツ、英語は2,000~12,000ヘルツです。英語を聞こえるようにするには、まず「英語耳」(=英語脳)を育てなければいけません・

武蔵ゼミナール大学受験英語塾では、このテキストと音声を使用して「英語耳」を育ててリスニング力を伸ばします。「英語耳」(=英語脳)ができると長文も訳さずに英語のまま読めるようになるのです。

だから、まず「英語耳」(=英語脳)を育てリスニング力を鍛えます。それが英語の”聞く・話す・読む・書く”4技能を飛躍的に伸ばせるコツなのです。

武蔵ゼミナール大学受験英語塾 https://www.english634.com