東京都板橋区成増にある英語長文に強い大学受験英語塾「武蔵ゼミナール」の公式サイトです。

オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2018年3月

2018 春期講習・英語集中講座②

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_4.JPG

★英語の長文読解が苦手な大学受験生 必読!
偏差値10~20UPする「英語のまま読める直読直解法」とは?

なぜ、日本語に訳すのですか? 英語のまま直接読んで直接理解する方法があるのに・・・
もしかして「英語のまま読むなんて難しいのでは・・・」と思っていませんか? 実は、日本語に訳すよりも、英語のまま直接読むほうがずっと簡単なのです!

英語を日本語に訳すのは、文法も語順もまったく違うために、かなり難しい作業になります。素人には難しい作業なので、翻訳や通訳のプロが存在するのです。

だから、高校生や浪人生にとって訳読は難解で、英語の成績がなかなか上がらないのです。
一方、英語を英語のまま読むのは、アメリカやイギリスへ行けば、小学生でもやっています。そんなの当然じゃないか、という声が聞こえてきそうですが・・・

その当然のことを指導する方法が、今まで ほとんど知られていなかっただけなのです。
その方法が、私の塾で指導している「英語のまま読める直読直解法」なのです。私自身が、この直読直解法で勉強して、苦手だった英語の偏差値を28から72まで上げて、夢でしかなかった慶応大学・文学部に合格した張本人です!

自ら、この方法で勉強して成績を上げているので、そのコツを知り抜いていて、かゆいところに手が届くように直読直解法を指導しています。
その結果、本気で勉強する生徒は、英語が大好きになり、大幅に成績を上げています。そして、夢でしかなかった、あこがれの志望校に合格を果たすのです!

信じられないかもしれませんが、偏差値40~50台の生徒でも、本気で「直読直解法」に取り組むと、ほとんどが60台後半まで上がります。なかには70以上になる生徒もいます。

さらに、【聞く・話す・読む・書く】の4技能が、確実に身につくので、社会人になってからも役に立つのです。
武蔵ゼミナール大学受験英語塾では「英語のまま読める直読直解法」の指導を開始して以来、29年間で早慶上智に600名以上、GMARCH に1000名以上合格しています。

くり返しになりますが、当塾は 早慶上智をめざしているけれども、英語が苦手という高校生に「逆転合格する英語学習法」を指導しています。
最短3ヶ月で、英語の偏差値が10~20UPします。なかには、30以上UPした塾生もいます。高校の定期テストでも、平均点以下だったのが90点以上になり、5段階評価で5を、10段階評価で10を取れるようになった塾生が続出しています。
・・・・・
入試の時しか役に立たない訳読法と、社会人になってからも更に役に立つ直読直解法、あなたならどちらを選びますか?
これが首都圏全域から、そして夏期講習の時には全国から生徒が集まる理由なのです。

地元の板橋・練馬・和光・朝霞だけでなく、都内はもちろん、埼玉県、神奈川県、千葉県から1時間半~2時間かけてでも生徒が来る理由なのです。
学校が休みになる季節講習のときは、遠く仙台、金沢、名古屋、奈良、広島、福岡など、全国各地から生徒が集まる理由なのです。

・・・・・・

●春期講習・英語集中講座コース(講座) 学年

①大学受験・文法強化コース(3講座) 新高3~浪人

・実戦英文法・語法演習 13:30~14:50

・英語のまま読める直読直解法 15:00~16:50

・英文法(完了形・5文型) 17:00~18:20

 

②大学受験・長文読解コース(2講座) 新高2~新高3

・英文法(完了形・5文型) 18:30~19:50

・英語のまま読める直読直解法 20:00~21:50

 

※面接で春期講習の内容を詳しく説明した後、申込の受付をします。

※春期講習には、授業体験はありません。直接、お申込ください。

※春期講習中は平常授業はありません。(4月7日から平常通り授業をします。)

・・・・・

★29年の伝統と信頼と実績 武蔵ゼミナール・大学受験英語塾 http://www.english634.com

2018 春期講習・英語集中講座①

脳仕組と科学的勉強

3月27日~4月4日(8日間・3/31休み)

★春期講習の英文法講座、必見! 「完了時制の秘密」

皆さんは、現在完了は得意ですか? 完了形は今の日本語にはないので苦手にしている生徒も多いのではないでしょうか。また、過去形との違いを明確に理解できていますか? 春期講習では、現在完了を含む「完了時制」全体を学びます。

現在完了に①経験 ②継続 ③完了・結果の3つの用法があるのは知っていると思いますが、それでは何故この3つの用法があるのか答えられますか?

中学の検定教科書では、経験または継続の用法から学び始め、最後に完了・結果を学ぶものが多いのですが、この順番では現在完了の本当の姿は見えてきません。

それぞれの用法の意味をバラバラに丸暗記しているだけで、3つの用法が1つの基本的な考え方からできていることを説明できる生徒はほとんどいません。

実は、3つの用法の奥には「1つの原理」があるのです。これが分かると、現在完了はとても簡単になります。丸暗記する必要がなくなるのです。原理さえ知っていれば、3つの用法は自然に導き出されるからです。

武蔵ゼミナール・大学受験英語塾では、現在完了と言うくらいですから ①完了・結果の用法から学び始めます。そして完了・結果の本当の意味が分かると、②経験も、③継続も底ではつながっていることが分かります。だから、3つの用法はバラバラではなく1つなのです。過去形との違いもはっきりと分かるようになります。

そして現在完了が1つだと分かると、過去完了と未来完了も基本的な構造は同じなので、現在完了との違いは何なのかということさえ分かれば1分もかからずに理解できるようになります。

こんな英文法の説明を聞いたことがありますか? もし聞いたことがなければ、いっしょに勉強しませんか? きっと、新しい英文法の世界が展開しますよ! ワクワクするような世界が!

英語の勉強って本当はとても面白いのです。皆さんに、英語を大好きになってもらいたいと思っています。

・・・・・

★最新の脳科学の研究によると、高校生は年齢的に丸暗記はできなくなっているそうです。思春期を過ぎると記憶のパターンが変化するのです。丸暗記ができなくなる代わりに、論理だった記憶能力が発達してくることが知られています。

それなのに、英語の授業では表面的な意味を教えるだけで、後はそれを丸暗記させるという時代遅れの学習法が幅を利かせています。高校生や浪人生の多くが英語を苦手にしているのは、頭が悪いのではなく、勉強の仕方がまずいのです。

特に、理系の生徒は英語を苦手にしている人が多いのですが、これは数学の勉強を通して論理的な思考力が発達しているためで、旧態然とした学校の英語は丸暗記を強制されるから苦手になるのです。

武蔵ゼミナール・大学受験英語塾では、英文法の一歩奥にある原理・原則から説明してその成り立ちを理解して覚えるので、年齢的に丸暗記ができなくなる高校生や浪人生にとって(特に理系の生徒にとっては)学習が驚くほど楽になるのです。

これが、当塾が文系の生徒はもちろん、理系の生徒にとっても人気がある理由なのです。英文法は成り立ちを暗記するのではではなく、思考する科目なのです。皆さんも、ぜひ丸暗記ではなく、論理だった思考力・記憶力を活かした新しい英語の学び方をいっしょにしませんか?

・・・・・

●春期講習・英語集中講座コース(講座) 学年

①大学受験・文法強化コース(3講座) 新高3~浪人

・実戦英文法・語法演習 13:30~14:50

・英語のまま読める直読直解法 15:00~16:50

・英文法(完了形・5文型) 17:00~18:20

 

②大学受験・長文読解コース(2講座) 新高2~新高3

・英文法(完了形・5文型) 18:30~19:50

・英語のまま読める直読直解法 20:00~21:50

 

※面接で春期講習の内容を詳しく説明した後、申込の受付をします。

※春期講習には、授業体験はありません。直接、お申込ください。

※春期講習中は平常授業はありません。(4月7日から平常通り授業をします。)