東京都板橋区成増にある英語長文に強い大学受験英語塾「武蔵ゼミナール」の公式サイトです。

オフィシャルブログ

月別アーカイブ: 2016年4月

偏差値10~20UP! 英語長文に強い大学受験英語塾③

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e.JPG

英語が苦手な高校生の皆さんへ

私は英語が大の苦手でした。高1の2学期には0点を取り、成績は1でした。
英語は全然できなかったのです。大学受験は無謀な挑戦でした。
  ・・・・・
そんな私が英語の偏差値28を72まで上げて、夢でしかなかった第1志望校・慶応大学文学部に合格! (「ビリギャル」ならぬ、元祖ビリ男です。)
その驚異の学習法が「英語のまま読める直読直解法」です。
  ・・・・・
毎年、英語が苦手だった多くの塾生たちも偏差値を10〜20UP! なかには、30以上UPした生徒もいます。
このように英語を得意科目にして、早・慶・上智などのあこがれの志望大学へ合格を果たしています。
  ・・・・・
「英語直読直解法」とは英語の長文を訳読するのではなく、英語のまま直接読んで直接理解できるようにする学習法です。
英語のまま読めるようになるので、訳読の3倍〜5倍のスピードで読めるようになります。
  ・・・・・
センター試験を始め入試の英語長文で時間に余裕ができます。センター試験の第6問は約600語の長さの論説文で、使える時間は15分~20分です。訳読している受験生は読むだけで約10分~12分かかるのに対し、直読直解ができる受験生は約2分~3分で読み終わります。残りの時間で解答することを考えると、直読直解ができる受験生のほうが断然有利だということが分かると思います。

・・・・・

英語のまま理解できるようになると、リスニングも楽にできるようになります。
訳読している受験生の理解するスピードは1分間に約50語~60語です。センター試験のリスニングは1分間に約100語ですから、あまりよく聞こえず、所々聞こえる単語を拾って解答しているのが現状です。

一方、直読直解ができる受験生は1分間に約150語~180語の速さで理解します。なかには、約250語~300語で理解できる受験生もいます。
ですから、センター試験のリスニングは楽にできるのです。英語のニュースが1分間に約160語ですから、ニュースも聞こえるようになります。

武蔵ゼミナールでは実際の英語のニュースを教材にしてリスニングの練習をしているので、大学入試だけでなく、グローバル化の進む社会へ出てからも役に立つのです。

・・・・・

入試の時しか役に立たない訳読法と、社会人になってからも更に役に立つ直読直解法、あなたならどちらを選びますか? これが首都圏全域から、そして講習時には全国から生徒が集まる理由なのです。

・・・・・・

★26年の伝統と信頼と実績 武蔵ゼミナール・大学受験英語塾 http://www.english634.com

偏差値10~20UP! 英語長文に強い大学受験英語塾②

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_4.JPG

「英語直読直解法」という学習法をご存知ですか?
この耳慣れない英語学習法は、現在 高校や予備校等で広く行われている「訳読法」とはまったく異なる方法で英語を身につけることができる学習法です。
・・・・・
「英語直読直解法」とは、日本語に訳すことなく、英語のまま直接読んで直接理解できるようになる学習法のことです。
この方法で学習すると、長文を読むスピードが訳読の3倍~5倍になり、英語の試験は余裕で受けられるようになります。
 ・・・・・
武蔵ゼミナール・大学受験英語塾では、この英語のまま読める直読直解法で多くの「英語が苦手な生徒」を有名大学合格まで導いています。
 ・・・・・
塾長の私自身が、大学受験の時に「英語直読直解法」に出会い、英語の偏差値を28から72まで上げて、第一志望校に合格しました。
 ・・・・・
毎年、多くの塾生が英語の偏差値を約10~20UPしています。中には30以上UPする塾生もいます。
また、高2のプレセンター試験の英語では100点を越えなかったのに、高3のセンター試験本番で170~190点台を取れる生徒が続々と出ています。
 ・・・・・
その効果を聞いて、都内だけでなく、大宮、横浜、千葉方面など首都圏全域からも数多くの生徒が通塾しています。
また、春期講習、夏期講習や冬期講習には、普段通うことができない地方の生徒も参加しています。
 ・・・・・
4月6日から新学期の授業が始まっています。まもなく〆切になる講座もあります。
 ・・・・・
★26年の伝統と信頼と実績 武蔵ゼミナール・大学受験英語塾 http://www.english634.com 

偏差値10~20UP! 英語長文に強い大学受験英語塾①

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_5.JPG

武蔵ゼミナール・大学受験英語塾の塾生は、なぜ英語の長文読解問題に強いのでしょうか?

センター試験や大学入試の英語では長文読解問題が主流ですが、一般に高校や予備校では訳読の指導が中心です。実は、英語を日本語に訳す「訳読法」は長文対策にはあまり効果的ではないのをご存知ですか?
当塾では、日本語に訳さず英語のまま直接読んで直接理解する「英語直読直解法」を指導して26年になり、著しい効果を挙げています。その秘密は・・・

★長文を読むスピードが3倍~5倍に!
英語の思考法である 「K-method」 (カワイ式直読直解法) を取り入れることで、英語を読むスピードが格段に速くなります。
一般に日本の高校生が英語の長文を読むスピードは、訳読で1分間に約50語~60語と言われていますが、直読できる当塾の生徒は、その3倍の約150語~180語で読めるようになります。中には、5倍の約250語~300語で読める生徒も出てきます。
  ・・・・・
例えば、センター試験の第6問は約600語の長さの論説文の読解問題で、使える時間は15分~20分です。
訳読するだけで10分~12分かかってしまい、残った時間で急いで解答しなければいけません。
それに対し、直読では2分~3分で読み終わり、残りの時間は設問に解答するのに余裕で使えるようになるのです。
  ・・・・・
このスピードは、ネイティブの読書スピードと同じです。よく勘違いされるのですが、一般の英語教育で言う、英文速読や、スキャンニングや、スキミングではありません。斜め読みや飛ばし読みではなく、普通にしっかりと読んで、この速度なのです。
私たちが普通に日本語の文章を読むのと同じ感覚で読めるようになるのです。
  ・・・・・
これは、サイトトランスレーション(語順訳)の後で、意味をしっかりとりながら音読練習やシャドーイングを何度も何度も繰り返したり、さらに黙読の練習を何度も何度も繰り返しているからなのです。だから、英文を読みながら意味が取れるようになるのです。英語の実力・成績は、この練習量の差で決まります。まさに努力次第なのです。
訳読法では、こうはいきません。音読をしたとしても返り読みをしているため意味がついてこないので、空読みになってしまうのです。
  ・・・・・
★センター試験のリスニング、満点続出!
アメリカやイギリスのTVのアナウンサーがニュース原稿を読むスピードが1分間に160語前後ですので、こうなると英語のニュースも楽に聞こえるようになります。
そして最後に、英語のリズムの練習をします。これも高校では ほとんど指導されていませんが、英語のリズムが身につくと さらにゆっくり聞こえるようになります。
一般に教えられている「訳読法」では、まったくありえないことです。
(※リスニング直解講座では、テキストに『CNNニュース・リスニング 2015春夏』を使用しています。)
  ・・・・・
●「初めて英語のリズムの練習をしたら、聞こえ方が全然違って、びっくりしました。すごかったです。」(高2女子 K.H)
●「英語を聞いている感じがしなかった。まるで日本語を聞いているかのように、ゆっくり英語が聞こえた。」(高3男子 A.H)
●「今日は久しぶりに英語のリズムをしたら、今まで聞こえていたものより一層ゆっくりに聞こえました。」(高3女子 M.N)
●「長文やニュースをいちいち日本語に訳すのではなく、英語のまま理解できるということがわかりました。」(高2男子 K.H)
●「英語のリズムの練習をした後、大切な語だけが大きく聞こえて、初めて聞いた時より聞きやすかった。」(高1女子 M.K) 
  ・・・・・
武蔵ゼミナールのほとんどの生徒が、模擬試験や、実際の入試で、時間が足りなくなるということはまったくなく、むしろ大幅に余るくらいなのです。センター試験の英語で9割(180点)以上、リスニングはほぼ満点(50点)を取れるようになるのは、奇跡でも不思議でもなく、この 「K-method」 (カワイ式直読直解法) で勉強しているから当然のことなのです。
つまり、英語をいちいち日本語に訳すのではなく、英語そのものが直接分かるようになるので、速く正確に読めるのです。
  ・・・・・
★26年の伝統と信頼と実績 武蔵ゼミナール・大学受験英語塾 http://www.english634.com

偏差値10~20UP! 英語長文に強い大学受験英語塾③

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e.JPG

英語が苦手な高校生の皆さんへ

私は英語が大の苦手でした。高1の2学期には0点を取り、成績は1でした。
英語は全然できなかったのです。大学受験は無謀な挑戦でした。
  ・・・・・
そんな私が英語の偏差値28を72まで上げて、夢でしかなかった第1志望校・慶応大学文学部に合格! (「ビリギャル」ならぬ、元祖ビリ男です。)
その驚異の学習法が「英語のまま読める直読直解法」です。
  ・・・・・
毎年、英語が苦手だった多くの塾生たちも偏差値を10〜20UP! なかには、30以上UPした生徒もいます。
このように英語を得意科目にして、早・慶・上智などのあこがれの志望大学へ合格を果たしています。
  ・・・・・
「英語直読直解法」とは英語の長文を訳読するのではなく、英語のまま直接読んで直接理解できるようにする学習法です。
英語のまま読めるようになるので、訳読の3倍〜5倍のスピードで読めるようになります。
  ・・・・・
センター試験を始め入試の英語長文で時間に余裕ができます。センター試験の第6問は約600語の長さの論説文で、使える時間は15分~20分です。訳読している受験生は読むだけで約10分~12分かかるのに対し、直読直解ができる受験生は約2分~3分で読み終わります。残りの時間で解答することを考えると、直読直解ができる受験生のほうが断然有利だということが分かると思います。

・・・・・

英語のまま理解できるようになると、リスニングも楽にできるようになります。
訳読している受験生の理解するスピードは1分間に約50語~60語です。センター試験のリスニングは1分間に約100語ですから、あまりよく聞こえず、所々聞こえる単語を拾って解答しているのが現状です。

一方、直読直解ができる受験生は1分間に約150語~180語の速さで理解します。なかには、約250語~300語で理解できる受験生もいます。
ですから、センター試験のリスニングは楽にできるのです。英語のニュースが1分間に約160語ですから、ニュースも聞こえるようになります。

武蔵ゼミナールでは実際の英語のニュースを教材にしてリスニングの練習をしているので、大学入試だけでなく、グローバル化の進む社会へ出てからも役に立つのです。

・・・・・

入試の時しか役に立たない訳読法と、社会人になってからも更に役に立つ直読直解法、あなたならどちらを選びますか? これが首都圏全域から、そして講習時には全国から生徒が集まる理由なのです。

・・・・・・

★26年の伝統と信頼と実績 武蔵ゼミナール・大学受験英語塾 http://www.english634.com

偏差値10~20UP! 英語長文に強い大学受験英語塾③

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e.JPG

英語が苦手な高校生の皆さんへ

私は英語が大の苦手でした。高1の2学期には0点を取り、成績は1でした。
英語は全然できなかったのです。大学受験は無謀な挑戦でした。
  ・・・・・
そんな私が英語の偏差値28を72まで上げて、夢でしかなかった第1志望校・慶応大学文学部に合格! (「ビリギャル」ならぬ、元祖ビリ男です。)
その驚異の学習法が「英語のまま読める直読直解法」です。
  ・・・・・
毎年、英語が苦手だった多くの塾生たちも偏差値を10〜20UP! なかには、30以上UPした生徒もいます。
このように英語を得意科目にして、早・慶・上智などのあこがれの志望大学へ合格を果たしています。
  ・・・・・
「英語直読直解法」とは英語の長文を訳読するのではなく、英語のまま直接読んで直接理解できるようにする学習法です。
英語のまま読めるようになるので、訳読の3倍〜5倍のスピードで読めるようになります。
  ・・・・・
センター試験を始め入試の英語長文で時間に余裕ができます。センター試験の第6問は約600語の長さの論説文で、使える時間は15分~20分です。訳読している受験生は読むだけで約10分~12分かかるのに対し、直読直解ができる受験生は約2分~3分で読み終わります。残りの時間で解答することを考えると、直読直解ができる受験生のほうが断然有利だということが分かると思います。

・・・・・

英語のまま理解できるようになると、リスニングも楽にできるようになります。
訳読している受験生の理解するスピードは1分間に約50語~60語です。センター試験のリスニングは1分間に約100語ですから、あまりよく聞こえず、所々聞こえる単語を拾って解答しているのが現状です。

一方、直読直解ができる受験生は1分間に約150語~180語の速さで理解します。なかには、約250語~300語で理解できる受験生もいます。
ですから、センター試験のリスニングは楽にできるのです。英語のニュースが1分間に約160語ですから、ニュースも聞こえるようになります。

武蔵ゼミナールでは実際の英語のニュースを教材にしてリスニングの練習をしているので、大学入試だけでなく、グローバル化の進む社会へ出てからも役に立つのです。

・・・・・

入試の時しか役に立たない訳読法と、社会人になってからも更に役に立つ直読直解法、あなたならどちらを選びますか? これが首都圏全域から、そして講習時には全国から生徒が集まる理由なのです。

・・・・・・

★26年の伝統と信頼と実績 武蔵ゼミナール・大学受験英語塾 http://www.english634.com

偏差値10~20UP! 英語長文に強い大学受験英語塾②

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_4.JPG

「英語直読直解法」という学習法をご存知ですか?
この耳慣れない英語学習法は、現在 高校や予備校等で広く行われている「訳読法」とはまったく異なる方法で英語を身につけることができる学習法です。
・・・・・
「英語直読直解法」とは、日本語に訳すことなく、英語のまま直接読んで直接理解できるようになる学習法のことです。
この方法で学習すると、長文を読むスピードが訳読の3倍~5倍になり、英語の試験は余裕で受けられるようになります。
 ・・・・・
武蔵ゼミナール・大学受験英語塾では、この英語のまま読める直読直解法で多くの「英語が苦手な生徒」を有名大学合格まで導いています。
 ・・・・・
塾長の私自身が、大学受験の時に「英語直読直解法」に出会い、英語の偏差値を28から72まで上げて、第一志望校に合格しました。
 ・・・・・
毎年、多くの塾生が英語の偏差値を約10~20UPしています。中には30以上UPする塾生もいます。
また、高2のプレセンター試験の英語では100点を越えなかったのに、高3のセンター試験本番で170~190点台を取れる生徒が続々と出ています。
 ・・・・・
その効果を聞いて、都内だけでなく、大宮、横浜、千葉方面など首都圏全域からも数多くの生徒が通塾しています。
また、春期講習、夏期講習や冬期講習には、普段通うことができない地方の生徒も参加しています。
 ・・・・・
4月6日から新学期の授業が始まっています。まもなく〆切になる講座もあります。
 ・・・・・
★26年の伝統と信頼と実績 武蔵ゼミナール・大学受験英語塾 http://www.english634.com 

偏差値10~20UP! 英語長文に強い大学受験英語塾①

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_5.JPG

武蔵ゼミナール・大学受験英語塾の塾生は、なぜ英語の長文読解問題に強いのでしょうか?

センター試験や大学入試の英語では長文読解問題が主流ですが、一般に高校や予備校では訳読の指導が中心です。実は、英語を日本語に訳す「訳読法」は長文対策にはあまり効果的ではないのをご存知ですか?
当塾では、日本語に訳さず英語のまま直接読んで直接理解する「英語直読直解法」を指導して26年になり、著しい効果を挙げています。その秘密は・・・

★長文を読むスピードが3倍~5倍に!
英語の思考法である 「K-method」 (カワイ式直読直解法) を取り入れることで、英語を読むスピードが格段に速くなります。
一般に日本の高校生が英語の長文を読むスピードは、訳読で1分間に約50語~60語と言われていますが、直読できる当塾の生徒は、その3倍の約150語~180語で読めるようになります。中には、5倍の約250語~300語で読める生徒も出てきます。
  ・・・・・
例えば、センター試験の第6問は約600語の長さの論説文の読解問題で、使える時間は15分~20分です。
訳読するだけで10分~12分かかってしまい、残った時間で急いで解答しなければいけません。
それに対し、直読では2分~3分で読み終わり、残りの時間は設問に解答するのに余裕で使えるようになるのです。
  ・・・・・
このスピードは、ネイティブの読書スピードと同じです。よく勘違いされるのですが、一般の英語教育で言う、英文速読や、スキャンニングや、スキミングではありません。斜め読みや飛ばし読みではなく、普通にしっかりと読んで、この速度なのです。
私たちが普通に日本語の文章を読むのと同じ感覚で読めるようになるのです。
  ・・・・・
これは、サイトトランスレーション(語順訳)の後で、意味をしっかりとりながら音読練習やシャドーイングを何度も何度も繰り返したり、さらに黙読の練習を何度も何度も繰り返しているからなのです。だから、英文を読みながら意味が取れるようになるのです。英語の実力・成績は、この練習量の差で決まります。まさに努力次第なのです。
訳読法では、こうはいきません。音読をしたとしても返り読みをしているため意味がついてこないので、空読みになってしまうのです。
  ・・・・・
★センター試験のリスニング、満点続出!
アメリカやイギリスのTVのアナウンサーがニュース原稿を読むスピードが1分間に160語前後ですので、こうなると英語のニュースも楽に聞こえるようになります。
そして最後に、英語のリズムの練習をします。これも高校では ほとんど指導されていませんが、英語のリズムが身につくと さらにゆっくり聞こえるようになります。
一般に教えられている「訳読法」では、まったくありえないことです。
(※リスニング直解講座では、テキストに『CNNニュース・リスニング 2015春夏』を使用しています。)
  ・・・・・
●「初めて英語のリズムの練習をしたら、聞こえ方が全然違って、びっくりしました。すごかったです。」(高2女子 K.H)
●「英語を聞いている感じがしなかった。まるで日本語を聞いているかのように、ゆっくり英語が聞こえた。」(高3男子 A.H)
●「今日は久しぶりに英語のリズムをしたら、今まで聞こえていたものより一層ゆっくりに聞こえました。」(高3女子 M.N)
●「長文やニュースをいちいち日本語に訳すのではなく、英語のまま理解できるということがわかりました。」(高2男子 K.H)
●「英語のリズムの練習をした後、大切な語だけが大きく聞こえて、初めて聞いた時より聞きやすかった。」(高1女子 M.K) 
  ・・・・・
武蔵ゼミナールのほとんどの生徒が、模擬試験や、実際の入試で、時間が足りなくなるということはまったくなく、むしろ大幅に余るくらいなのです。センター試験の英語で9割(180点)以上、リスニングはほぼ満点(50点)を取れるようになるのは、奇跡でも不思議でもなく、この 「K-method」 (カワイ式直読直解法) で勉強しているから当然のことなのです。
つまり、英語をいちいち日本語に訳すのではなく、英語そのものが直接分かるようになるので、速く正確に読めるのです。
  ・・・・・
★26年の伝統と信頼と実績 武蔵ゼミナール・大学受験英語塾 http://www.english634.com

偏差値10~20UP! 英語長文に強い大学受験英語塾

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_5.JPG

★長文を読むスピードが3倍~5倍に!
英語の思考法である 「K-method」 (カワイ式直読直解法) を取り入れることで、英語を読むスピードが格段に速くなります。
一般に日本の高校生が英語の長文を読むスピードは、1分間に約50語~60語と言われていますが、当塾の生徒は、その3倍の約150語~180語で読めるようになります。中には、5倍の約250語~300語で読める生徒も出てきます。
  ・・・・・
こうなると、ネイティブの読書スピードと同じです。よく勘違いされるのですが、一般の英語教育で言う、英文速読や、スキャンニングや、スキミングではありません。斜め読みや飛ばし読みではなく、普通にしっかりと読んで、この速度なのです。
私たちが普通に日本語の文章を読むのと同じ感覚で読めるようになるのです。
  ・・・・・
これは、サイトトランスレーション(語順訳)の後で、意味をしっかりとりながら音読練習やシャドーイングを何度も何度も繰り返したり、さらに黙読の練習を何度も何度も繰り返しているからなのです。だから、英文を読みながら意味が取れるようになるのです。英語の実力・成績は、この練習量の差で決まります。まさに努力次第なのです。
訳読法では、こうはいきません。音読をしたとしても返り読みをしているため意味がついてこないので、空読みになってしまうのです。
  ・・・・・
★センター試験のリスニング、満点続出!
アメリカやイギリスのTVのアナウンサーがニュース原稿を読むスピードが1分間に160語前後ですので、こうなると英語のニュースも楽に聞こえるようになります。
そして最後に、英語のリズムの練習をします。これも高校では ほとんど指導されていませんが、英語のリズムが身につくと さらにゆっくり聞こえるようになります。
一般に教えられている「訳読法」では、まったくありえないことです。
(※リスニング直解講座では、テキストに『CNNニュース・リスニング 2015春夏』を使用しています。)
  ・・・・・
●「初めて英語のリズムの練習をしたら、聞こえ方が全然違って、びっくりしました。すごかったです。」(高2女子 K.H)
●「英語を聞いている感じがしなかった。まるで日本語を聞いているかのように、ゆっくり英語が聞こえた。」(高3男子 A.H)
●「今日は久しぶりに英語のリズムをしたら、今まで聞こえていたものより一層ゆっくりに聞こえました。」(高3女子 M.N)
●「長文やニュースをいちいち日本語に訳すのではなく、英語のまま理解できるということがわかりました。」(高2男子 K.H)
●「英語のリズムの練習をした後、大切な語だけが大きく聞こえて、初めて聞いた時より聞きやすかった。」(高1女子 M.K) 
  ・・・・・
武蔵ゼミナールのほとんどの生徒が、模擬試験や、実際の入試で、時間が足りなくなるということはまったくなく、むしろ大幅に余るくらいなのです。センター試験の英語で9割(180点)以上、リスニングはほぼ満点(50点)を取れるようになるのは、奇跡でも不思議でもなく、この 「K-method」 (カワイ式直読直解法) で勉強しているから当然のことなのです。
つまり、英語をいちいち日本語に訳すのではなく、英語そのものが直接分かるようになるので、速く正確に読めるのです。
  ・・・・・
武蔵ゼミナール・大学受験英語塾 http://www.english634.com